_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
タモリが赤塚先生に捧げた最後のギャグ  -白紙の弔辞-
 
 
【2008/08/10 03:56】
 
 
 7日営まれた赤塚不二さんの葬儀で、タモリさんが弔辞を述べた際、手にしていたのが白紙だったのではないかと、テレビやネットで話題になっている。タモリさんの弔辞は、約8分にわたる感動的なものだったが、映像を見ると、何も書かれていないようにもみえる。
 所属事務所は「ご想像にお任せします」としている。
http://www.asahi.com/national/update/0808/TKY200808080200.html

※弔辞全文
 8月の2日にあなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずか
 ではありますが回復に向かっていたのに、本当に残念です。
 われわれの世代は赤塚先生の作品に影響された第一世代と言っていいでしょう。あなたの
 今までになかった作品やその特異なキャラクター。私たち世代に強烈に受け入れられました。
 10代の終わりから、われわれの青春は赤塚不二夫一色でした。

 何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して、九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーで、
 ライブみたいなことをやっていたときに、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは
 今でもはっきりと覚えています。赤塚不二夫が来た。あれが赤塚不二夫だ。私を見ている。
 この突然の出来事で、重大なことに私はあがることすらできませんでした。

 終わって私のところにやってきたあなたは「君はおもしろい。お笑いの世界に入れ。8月の
 終わりに僕の番組があるから、それに出ろ。それまでは住むところがないから、私のマンションに
 居ろ」と、こう言いました。自分の人生にも他人の人生にも影響を及ぼすような大きな決断を
 この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。

 それから長いつきあいが始まりました。しばらくは毎日、新宿の「ひとみ寿司」というところで
 夕方に集まっては、深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタを作りながら、あなたに教えを
 受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと、ほかの
 こともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、いまだに私にとって
 金言として心の中に残っています。そして仕事に生かしております。

 赤塚先生はほんとうに優しい方です。シャイな方です。マージャンをするときも、相手の
 振り込みで上がると、相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしか上がりませんでした。
 あなたがマージャンで勝ったところを見たことがありません。

 その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。
 そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。
 しかしあなたから後悔の言葉や、相手を恨む言葉を聞いたことがありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せる、あの底抜けに無邪気な笑顔は、
 はるか年下の弟のようでもありました。
 あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀の時に、大きく笑い
 ながらも、目からはボロボロと涙がこぼれ落ち、出棺の時、たこちゃんのひたいをピシャリと
 たたいては「この野郎、逝きやがった」とまた高笑いしながら、大きな涙を流してました。
 あなたはギャグによって物事を無化していったのです。

 あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。
 それによって人間は、重苦しい意味の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を
 絶ちはなたれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事にひとことで
 言い表してます。すなわち、「これでいいのだ」と。

 いま、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が思い浮かんでいます。軽井沢で過ごした
 何度かの正月。伊豆での正月。そして海外へのあの珍道中。どれもが本当に、こんな楽しい
 ことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが、京都五山の
 送り火です。あの時のあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生
 忘れることができません。

 あなたはいまこの会場のどこか片隅で、ちょっと高いところから、あぐらをかいて、ひじをつき、
 ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に「おまえもお笑いやってるなら、弔辞で笑わしてみろ」
 と言ってるに違いありません。あなたにとって死もひとつのギャグなのかもしれません。

 私は人生で初めて読む弔辞があなたへのものとは、夢想だにしませんでした。
 私はあなたに生前お世話になりながら、ひと言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の
 関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。
 あなたも同じ考えだということを他人を通じて知りました。しかしいまお礼を言わさしていただきます。

 赤塚先生本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 私もあなたの数多くの作品のひとつです。

 合掌。

 平成20年8月7日 森田一義
20080807k0000e040025000p_size5.jpg
20080807k0000e040056000p_size5.jpg




[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]
スポンサーサイト

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
倖田來未失言問題 ←やっぱり常識がなかった。
 
 
【2008/02/03 01:49】
 
 
歌手の倖田來未(25)がラジオ番組で「35歳を過ぎると羊水が腐る」と発言、抗議が相次いだため1日、ホームページで謝罪した。先月30日に発売したばかりの新作アルバム「Kingdom」のプロモーション活動は全面自粛する。

 倖田は「皆さまに不快な思いをさせてしまったことを心より深くおわび申し上げます」と謝罪。
 収録済み分を除いて、2日からテレビやラジオへの出演を当面控える方針。ニッポン放送も「配慮を欠き、誤解を招く放送をしたことをおわびするとともに深く反省いたします」とのコメントを出した。(一部略)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/02/02/02.html

※元ニュース
・あの中居正広との交際がささやかれている歌姫 倖田來未(こうだくみ)が1月29日のラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の番組内で問題発言。それを聞いていた女性やリスナーから反感をかい、大騒動となっている。
「子供の話をしてましてね。なんかこう、ま、ウチのマネージャーが結婚しまして。でー、まー、ちょっと、いつ子供作んの? みたいな話とかしててね。
やっぱ、35(歳)ぐらいまわると、お母さんの羊水が腐ってくるんです(笑)本当に(笑)。
 いや、例えば汚れてくるんですよね。だから、できれば35(歳)までに子供を作って欲しいなぁって話をね、ちょっとしてたんですけれども」
……と、いった具合だ。この発言に対しネット上では

・自分は35歳にならないつもりなのかな……?
・発言が下品すぎ
・羊水は妊娠してから出来ること位知らないのか?
 など批判の声が挙がっている。(一部略)
http://news.livedoor.com/article/detail/3491400/

音声↓(どんどん消去されていってるが、どれかは聞けるはず)
http://toku.xdisc.net/cgi/up/vcc/nm0037.mp3
http://uproda.2ch-library.com/src/lib008433.mp3
http://upo2.mine.nu/cgi-bin/up/src/upotu0499.mp3
http://neko-loader.net/up/src/neko38605.mp3

謝罪文↓
http://www.rhythmzone.net/koda/index.html
dde7906d.jpg


[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:倖田來未 - ジャンル:音楽

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
友人の不倫を事細かに親身になって語る女子アナがいるらしい。
 
 
【2007/12/21 00:22】
 
 
フリーアナウンサー小林陽子さんが自身のブログで友人の不倫相手を暴露した。
 「既婚男性に結婚をエサにはめられ2回も流産」と明かし、「同じ女として絶対に許せない!」と怒りを爆発させた。そして、相手は出版社に勤務する男性で、特定できる会社名、職場、役職、イニシャルをブログに暴露してしまったものだから、ネット上で騒然となっている。

 小林さんはブログで2回その友人の体験談を書いている。1回目は12月17日付けでタイトルは「大人の恋の物語」。実際にあった残酷な話だと断り、かなりの長文が綴られている。内容は友人でタレントのA子が結婚10年になる男性と不倫関係になり、妊娠。しかし、生活が多忙なことと、彼氏の離婚がなかなか決まらないストレスもあって流産。A子が彼氏に「本当に離婚する気があるのか」と問い詰めると「もちろん」という返事があった。再び妊娠し、彼氏は「産んでいいよ」と言ったが、A子は体が弱いためにまた流産してしまう。

 彼氏の仕事が忙しくなり、A子は別れを切り出すが、彼氏は、「いやだ。A子とは別れたくない」と拒む。その一ヵ月後、A子が彼氏に電話してもつながらなくなり、思い切って自宅に電話したところ、彼氏の奥さんが電話に出て、生まれたての赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきた。
 赤ちゃんは、彼氏とその妻の間に人工授精で生まれた子供。A子は、子供が生まれるまでの10ヶ月間、何も知らされていなかったことに絶望。2人の関係は終わった、などと書いている。

 1回目を読む限りは、「ケータイ小説」のようでもあり、ホントの話しだったかどうか全くわからないのだが、このブログに相当数のコメントが来たようで、小林さんはそうしたコメントに感謝し、翌日に「償い」と題した続編を書いた。

 書いているうちに、A子の不倫相手に対する怒りが収まらなくなったようで、「自分だけの性欲や快楽を楽しむためにA子に近づき、避妊もしないで簡単に身ごもらせて、『じゃあね』で済ます男は最低です。同じ女として絶対に許せません!」「『妻とは子供ももうできない』とか、『A子と結婚して、子供を作りたい』など、はめてA子をだましたのは、●です」
そして、A子の不倫相手が特定できるような会社名、所属、役職、イニシャルを書いてしまった。
 「罪を償ってください。A子のためにも、空へ飛んで行った2つの胎児にも・・・。悲しすぎる話です」と結んだ。

 「2ちゃんねる」にもスレッドが立ち議論が展開されているが、そもそもこのブログの内容は事実なのか。J-CASTニュースは、ブログに書かれているA子の不倫相手とされる男性の会社に電話してみた。電話に出た男性は「お待ちください」と快く電話を当人に回そうとしてくれたが、保留の音楽が流れる途中で、突然電話が切られた。再度電話すると、不機嫌そうな声で女性が電話に出て、「外出中です。いつ帰るかわからない」と話した。

 小林さんの所属事務所セントフォースに取材すると、事務所の担当者は小林さんのブログは読んでいないものの、「不適切なものがブログにあったのは認識しています」ということだった。
 「アメブロ」を運営するサイバーエージェントからの指摘もあり、07年12月18日の夕方、小林さんのブログの記事を削除したのだという。そして、「ブログの再開は白紙です。今後のタレント活動もどうすべきか検討している最中です」ということだった。(以上、一部略)
http://www.j-cast.com/2007/12/19014781.html
[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
あびる優に「外に出て太陽でも浴びたら?」と言われましたw ←お前自身が夜窃盗するから日光浴びてねーだろw
 
 
【2007/11/22 00:00】
 
 
天真爛漫で奔放なお嬢様キャラが人気のタレント、あびる優(21)=写真。最近はホラー映画に主演するなど幅広い活躍を見せる。外見だけでなく
中身もしっかり大人へ成長しているようだ。

「優、こう見えてもニュースフェチなんですよ」と屈託なく笑う。夕方に時間があると、ニュース番組はマメにチェックするといい、最近まで時事問題を斬るコラムを雑誌で連載していた。

反則問題で世間を騒がせたプロボクシングの亀田兄弟は同世代だが、「親元を絶対離れるべき!親と同居しているなんて、異性からみても魅力ないし。優もそうだけど、離れてみて親の偉大さにも気づくから」と語る。

15-16歳ごろからの親友の女優、沢尻エリカ(21)も舞台あいさつでの不機嫌な態度が非難を浴びたが、ネット上の心ない中傷には異を唱える。
「エリカが普段ああいうコではないことは知っているし、原因はエリカにしかわからない。あの態度がよかったか、悪かったかは別にして、見えないところで悪口を書くのなら、外に出て太陽でも浴びたら、と言いたくなる

本人も2年前、テレビ番組に出演した際に、未成年だったころの“集団窃盗”発言が原因で、芸能活動を自粛した苦い経験がある。その間に仕事に対する意識が大きく変わったようだ。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_11/g2007112017_all.html
70f8d40f.jpg


[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【日テる】他の報道機関の捏造をかばう行為
 
 
【2007/11/17 10:26】
 
 
15日に日本テレビ系列で放送された「おもいッきりイイ!!テレビ」で、ネット発の新語「アサヒる」が紹介された。

もともとこの「アサヒる」は朝日新聞の記事が発端となった言葉で、主に「捏造する」「でっちあげる」という意味で使われている。また「執拗にいじめる」という意味もある。(はてなキーワードより)

番組内ではこれを「執拗に責め立てるという意味」と説明。
メインとなる「捏造」の意味に言及せず、「いじめる」というマイナスイメージの強い言葉を、「責め立てる」という言葉に変えて紹介した。

なお、この新語は「現代用語の基礎知識2008」に収録されることになっており、その内容は前述のはてなキーワードが元になっている。

[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。