_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
五輪前半戦終了して・・・
 
 
【2008/08/18 01:49】
 
 
 日本選手団の福田富昭団長らは15日、北京市内で大会の中間総括会見を行った。大会前半の成績について「選手は必死になってよく奮闘している。悪いペースでもいいペースでもない」と話し、ほぼ順当と自己評価した。

 開会前には「金メダル2ケタ、メダル総数30個以上」の目標を掲げており、大会後半に向けて「目標に向かって引き続き努力したい」と語った。

 上村春樹総監督は、柔道の不振が全体のメダル数に響いている一方で、活躍した競技として、五輪初メダルを獲得したフェンシング、男子個人総合や女子団体総合が健闘した体操などを挙げた。

 福田団長は陸上女子マラソンの野口みずきの欠場について「金メダルの(期待の)中に入れていたので、日本選手団としてはショック。その分、皆でがんばろうという気持ちになって戦いたい」と述べた。【石井朗生】
http://mainichi.jp/enta/sports/archive/news/2008/08/16/20080816ddm035050082000c.html

五輪前半総集編↓

こうやって視聴すると、やっぱり「GIFT」は名曲やなぁ^^
かなり好きな曲になりそうです。

[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]
スポンサーサイト

テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ドコモ中村社長「(iPhoneは)若干重いですね、ハハやはり」「日本のは軽いですからね、ものすごく」
 
 
【2008/06/12 01:08】
 
 
アメリカ「アップル」の人気携帯電話「iPhone(アイフォーン)」の新機種が9日、アメリカ・サンフランシスコで発表された。日本では「ソフトバンク」が来月11日から販売する。

 発売を検討してきた「NTTドコモ」中村社長は10日、日本テレビの取材に対し、現在のところ発売の可能性はないことを明らかにした。iPhoneはこれまで、各国の最大手の携帯会社から発売されており、国内第3位であるソフトバンクのみの発売は世界で初めてのケースになる。
http://www.news24.jp/111317.html

※動画での中村社長:「(iPhoneは)若干重いですね、ハハやはり」「日本のは軽いですからね、ものすごく」
 http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/dw/300k.html?m_url=080610022&n_url=111317

※最初の発表時の各社意見
NTTドコモもアップルと交渉しているという噂があったが、ドコモ広報部では「今回の発表は残念」とした上で、「今後の可能性については検討中」とした。「タッチパネルで操作できる端末としては、PRADA Phone by LGなど同様の端末を当社でも提供している」(ドコモ)

 また、KDDIはiPhoneの発売について予定はないといい、イー・モバイルも「アップルと話をしていないということはないが、現状で申し上げることはない」とした。(抜粋)
 http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20374618,00.htm

ドコモ「PRADA Phone」とソフトバンク「iPhone」
070116_lg_iphone.jpg


[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【光市母子殺害】「この国は絶対に人の命を軽んじ、不正義をまかり通せる国ではない」
 
 
【2008/04/24 01:32】
 
 
山口県光市で99年4月、母子を殺害したとして殺人と強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(27)に対する差し戻し控訴審の判決公判が22日午前、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は「強姦の目的や計画性も否定できない」として、求刑通り死刑を言い渡した。元少年が差し戻し審になって新供述を展開したことを「不自然不合理」とし、弁護側が主張した情状面について「斟酌(しんしゃく)する理由はみじんもない」と述べた。

 最高裁は06年6月、高裁が認めた情状酌量理由を「死刑を回避するには不十分」として1、2審の無期懲役判決を破棄し、高裁に差し戻した。

 判決によると、元少年は99年4月14日、光市のアパートに住む会社員、本村洋さん(32)方に排水管検査を装って上がり込み、妻の弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、抵抗されたため手で首を絞めて殺害。泣き続ける長女夕夏ちゃん(同11カ月)を床にたたきつけた上、首にひもを巻き付けて絞殺した。

 元少年は差し戻し審の公判で、弥生さん殺害について「甘えたい気持ちで抱きつき、反撃され押さえつけたら動かなくなった」とし、夕夏ちゃんについて「泣きやまないので抱いてあやしていたら落とした。首を絞めた認識はない」と述べた。

 供述を変えた理由については、「自白調書は警察や検察に押し付けられ、1、2審は弁護人が無期懲役が妥当と判断して争ってくれなかった」とした。

 判決は「弁護人から捜査段階の調書を差し入れられ、『初めて真実と異なることが記載されているのに気づいた』とするが、ありえない」と、元少年の主張を退けた。

 また、弥生さんの殺害方法について元少年が「押し倒して逆手で首を押さえているうちに亡くなった」としたのに対しても、「不自然な体勢で圧迫死させるのは困難と考えられ、右手で首を押さえていたことを『(元少年が)感触さえ覚えていない』というのは不自然。到底信用できない」とした。夕夏ちゃん殺害についても、「供述は信用できない」と否定した。

 また、元少年が強姦行為について「弥生さんを生き返らせるため」としたことについて、「(荒唐無稽こうとうむけい)な発想であり、死体を前にしてこのようなことを思いつくとは疑わしい」と退けた。

 判決は、「身勝手かつ、自己中心的で、(被害者の)人格を無視した卑劣な犯行」と断じた。

 1、2審は殺害の計画性の無さや更生可能性を重視して無期懲役を選択。最高裁は強姦目的や殺害方法などの事実認定を「揺るぎない」と判断し、情状面からも「量刑は不当で、著しく正義に反する」として審理を差し戻した。

 事件当時、元少年は18歳30日。少年法は18歳未満の被告に死刑を科すことを禁じている。2審の無期懲役判決を差し戻した死刑求刑事件は戦後3例目だが、他の2件は死刑が確定している。【大沢瑞季、安部拓輝、川辺康広】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000006-maiall-soci
[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:光市母子殺害事件 - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【任天堂】Wii、ついに韓国進出!! ・・・そういえばWiiで思い出した。。。 
 
 
【2008/04/18 01:34】
 
 
「Wii」がいよいよ今月26日に韓国に上陸する。価格は22万ウォン(約2万2000円)。「Wiiパック」「Wiiスポーツ」は各3万9000ウォンで販売される。
任天堂コリアは14日、韓国ハイヤットホテル・グランドボールルームで懇談会を開き、「Wii」の発売時期を発表した。
任天堂の「Wii」の2製品のほかに、6つのタイトルを含む計8製品が発売される。今回発売されるゲームタイトルは、「宝島Z バルバロスの秘宝」(ケプコム)、「FIFA08」(EAコリア)、「エレビッツ」(コナミ)、「ナムコ・ミュージアム・リミックス」(バンダイコリア)、「スカッとゴルフ パンヤ シーズン2」(Ntreev)など。
この日来韓してイベントを開催した任天堂の岩田聡社長は、韓国広報モデルの映画俳優ウォンビンとテニスゲームを行った。

岩田社長は「任天堂DSが韓国市場にある程度受け入れられたが、楽観はしていない。また、『Wii』が全世界的に最も速く普及したといっても100%確信しない」とし「任天堂DSが携帯用として持ち歩きながら興味を誘発したが、WiiはPCオンラインゲームと競争しなければならない。困難があっても挑戦する」と述べた。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=98789&servcode=300§code=300
20080415164204-1.jpg


[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
勝つことが一番大事なことだと思わない。勝つことがすべてだと思ってる。  by ビル・ヴェッグ
 
 
【2008/04/07 03:20】
 
 
 ひきこもりは若者、と思いがちだが、東京都が行っているひきこもり電話相談の対象者は「6人に1人以上が40代」。50代からもメール相談が寄せられているという。
 その原因も「4人に1人が職場不適応」と答えるなど、ひきこもりは社会人を中心により高齢化、深刻化している。

 こうしたひきこもり者への支援や予防対策費として、東京都は先ごろ、2008年度、総額1億6000万円余りの予算を計上した。家から出られなくなる「ひきこもり」状態の対策に、自治体がこれだけの補助を行うのは全国でも珍しい。
 具体的には、08年度から本格的に、ひきこもりなどの防止対策と支援プログラムの実施、検証に取り組む。

 注目されるのは、ひきこもり本人の自宅などを直接訪問し、外出に向けた働きかけを行う点だ。これまで本人が自ら外出してこない限り、行政の対応は事実上放置されてきただけに、その意義は大きい。

 支援プログラムではまず、家族向けセミナーなどを開いて、ひきこもり対象者を把握。相談やカウンセリングを通し、必要に応じて、外出への付き添いも行う。また、自宅以外の安心できるフリースペースなどの居場所を確保・運営。こうした自宅以外の居場所や適切な支援機関を紹介する。さらに、社会参加に向け、ボランティアなどの社会体験活動を実施。そうした情報提供や研修などを行う支援拠点を運営する予定だ。

 一方、3つの自治体で、ひきこもりを予防する「ひきこもりセーフティーネット」のモデル事業を実施。ひきこもり状態にある家族向けに「ひきこもり対応マニュアル」を作成し、配布することにしている。
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008040232_all.html
[続きを読む(・∀・)クリック汁!!]

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。