_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
マスコミよ、なぜスルーする「亀井vs創価」 13日衆議院予算委員会
 
 
【2007/02/16 00:38】
 
 
「公開討論をやろうじゃないか」

14日午後、前日の衆院予算委員会で激しい公明党批判を展開した国民新党の亀井静香代表代行が記者会見で、公明党に「挑戦状」をたたきつけた。亀井氏の発言に反発した公明党が議事録からの削除を要求。しかし、亀井氏は公開討論を求めることで、受けて立つ構えを示した形だ。

亀井氏は13日の予算委で「公明党はイラク戦争支持だ」「庶民負担も支持だ」などと決め付け、公明党をしきりに挑発。これに対し同党は「発言は事実と違う」として、議事録からの発言削除を国民新党に要求した。

すると亀井氏は14日の記者会見で自らその話題を切り出し、「(公開討論の場所は)どこでも、東京ドームでもいい。自公連立のおぞましい実態を公開の場で説明する」「(公明党の支持母体の)創価学会の会員を総動員しても構わない」と言いたい放題だった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/39363/


間違いなく動画は消される。
早く見といて。

YOUTUBEバージョン↓



ニコニコ動画バージョン↓


13日衆議院予算委員会衆議院インターネット中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=33410&media_type=wb&lang=j&spkid=901&time=07:20:48.3

TBSさん。
次はこれでどうでしょうか?

「亀井のけんか祭り in Tokyo Dome」

俺は別にね、亀井氏を応援してきたこともないし、応援しているわけでもない。過去に彼が犯した過ちをどうこう考えるほどの興味もない。

しかしね、今までずっと発言をタブーとされていたことに突っ込んだ彼は偉い!!
相手は公明党と名乗った宗教団体ですよ。創価学会。
全国の大勢の信者から袋たたきに合うかもしれない。
そんな危険をかえりみず、多くの国民が疑問に思っていることを堂々と言った彼は政治家の本来あるべき姿を示してくれたね。

東京ドームでの一騎打ち。

下手な筋書きドラマより何倍も面白いよ。
亀井氏は四面楚歌になろうとも、やるって言っている。

じゃ、一方で創価学会さん。
どうなのよ?
後ろめたさなんもないんやったら、受けて立ってよ。
自民党も応援に回ってもいいしさw

その場では四面楚歌かもしれないが、国民のほとんどは亀井氏の応援

だって、実際よく考えてみてよ。
公明党が現在日本の連立『与党』やで。
薄気味悪いって思わへん?
宗教団体が日本の政治を動かす『与党』なんです。

ちなみに話は逸れますが、公明党が中心になって推進する問題大有りの『人権擁護法案』。これって『韓国の法律がモデル』になって作りあげられたものなんです。

もし日本でこの法案が通れば…。
日本って何?
日本の政治って何?
日本のプライドって何?


そして創価学会の活動に絶大な威力を発揮することとなる。
考えれば考えるほど恐ろしくなる。そんんでもって公明党の勢力拡大を助長することになりかねない。

ここらで一発、亀井氏に歯止めをかけてもらいたいというのが、本音かな。

この公明党の名誉会長「池田大作」の野望を見たら恐怖すら覚えるよ。。。
20070216003126.jpg


今回ばかりは、亀井氏を応援するよ!
がんがれ!!
スポンサーサイト

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/218-c292b29c

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。