_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ゲド戦記、興収100億円宣言…全国435スクリーンで満員スタート
 
 
【2006/08/01 01:07】
 
 
先に言っておきます。

ネタバレにしません。

観てない人でも安心して読み進めてください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060730-00000061-sph-ent
 スタジオジブリの最新作アニメ映画「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督)が29日、封切られた。全国435スクリーンで満員スタートに、配給の東宝は「興収100億円突破は確実」と夏休み映画NO1ヒットを早々と宣言。東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、舞台あいさつが行われ、V6・岡田准一(25)、手嶌葵(19)、宮崎吾朗監督(39)が出席、ベネチア国際映画祭の特別招待作品に選ばれたことを報告した。
 初々しさの残る“船出”になった。主人公・アレンの声優を担当した岡田准一、主題歌・挿入歌とともにヒロイン・テルー役の手嶌葵、新人監督・宮崎吾朗監督がそろった公開初日舞台あいさつは、ほほ笑ましいものだった。
 まず、岡田が「“撮影”は3日間で終わってしまった」と“告白”すると、吾朗監督から「アフレコだよ」の突っ込みが。今回の作品がデビューとなる新人・手嶌葵も「とてもドキドキしています。ここまで緊張したこと? ないです」と言葉少な。すると吾朗監督も狙ったのか、「監督を演じさせていただきました宮崎吾朗です」とあいさつした。岡田も「(手嶌と)シャイな2人でやっていこうと思います」と笑いを誘った。
 だが、作品は“新人離れ”している。全国435スクリーンで、満員スタート。11時の段階ではジョニー・デップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」を上回るロケットスタート。過去のジブリ作品と比較して配給・東宝は「現況100億円突破は確実。ファミリーからシルバー層まで幅広い客層を動員しており、上方修正の可能性も」と強気のコメントが飛び出した。
 ベネチア国際映画祭への特別招待作品も決定。吾朗監督は「ベネチアの方はいつ見たんだろう。ハヤオと間違えたのかな。ボクが行って『お前誰だ』と言われたらどうしよう」と自虐的に話すが、鈴木敏夫プロデューサーによると、当初はコンペ部門の出品を要請されたという。



一応、映画好きを皆に公言しているので、試写会で悪評高かったにも関わらず観に行ってきましたよ。

ハッキリ言います。

糞映画作んなよ!!!!宮崎ムスコよ!!!!!!!!!!!!!!

コノ映画を高評価する香具師は、ドノ映画でも高評価にスルでしょ。
あの史上最低ジブリと言われた「ハウルの動く城」以下ですよ。まぁ、評価のポイントはヒトそれぞれだと思うカラ、客観的な評価入れておきます。

Yahooムービー ユーザー評価(多人数のソノ映画に対する評価の平均点)
ハウルの動く城 (5点満点中3.6点)
ゲド戦記 (5点満点中2.2点)

2.2点!!!!!!!!!!!!!

ケコー激甘なヤフーの評価で半分以下の2点台前半なんて、アンマリ見たことないよ。。。

更に他のジブリ作と比較してみても

となりのトトロ (5点満点中4.2点)
紅の豚 (5点満点中4.2点)
平成狸合戦ぽんぽこ(5点満点中3.8点)
火垂るの墓 (5点満点中4.8点)
もののけ姫 (5点満点中3.9点)
千と千尋の神隠し(5点満点中3.3点)
風の谷のナウシカ (5点満点中4.1点)
天空の城ラピュタ (5点満点中4.3点)
耳をすませば (5点満点中4.2点)
魔女の宅急便 (5点満点中4.1点)
となりの山田くん (5点満点中3.7点)

っと、まぁこんな感じで2点台なんてありえないんですよ。

最近の上映前の期待を見事に裏切った作品と比較すると

容疑者 室井慎次(5点満点中2.7点)
宇宙戦争 (5点満点中3.0点)
亡国のイージス(5点満点中2.7点)

これらより低いんです、評価が・・・_| ̄|○

公開前におすぎがボロくそ言ってたが、ホントその通りでスタ。
100億突破確実宣言ってなんだ?? 50億も危ういんちゃうの??まぁ、七光りというかなんというかジブリブランドで、なんとか興行収入は得るんだろうケド、ハウルに続き今回のゲドとなれば、今後のジブリ映画の価値が下がっていくね。


絵はさすがにハヤオさんの血を受け継いだぽくしてるから、食いつきは良いのだろうけど、話に盛り上がりが欠けるし、意味不明な演出で訳解らなくなるし、説教臭いし最悪だったな。最後までヒッパルものがあるんだけど、全くヒッパッたことの意味がなく終わってしまった。

てか、ジブリとしては手をだしてはいけない作品だったと思う。

細かいシチュエーション表現に拘り過ぎて全体的に物語が破綻した感じ。しょーじき、物語で正論を繰り返し言ってるけどそれが何も心に伝わってこず、表面的でウゼーよ。
漏れが頭悪いせいか、一度聞いたダケでは頭の中で意味を消化しきれない。

コノ映画を総評すると「真面目な人なんだろうな。」それだけデス。

あっ!!!!一番面白いシーンあるよ。

上映前のナルトのCM(・∀・)藁藁

それと、手嶌葵の声は女優・星野真里(金八先生の娘の乙女ちゃん役)にバリ似てる。本人?ってオモタ。

まぁ、とにもかくにも一度、ご自分の目で確かめてみてください。タダ、過度な期待はやめた方がヨカレ。ほんと、上映前のナルトのCMを楽しみに行くツモリでヨカと思います。

今日は最後にフラッシュ貼り付けます。
モマイラは青い鳥になれたか?
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7709/blueb21c.html
スポンサーサイト

テーマ:ゲド戦記 - ジャンル:映画

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

チャーオォ♪
ゲド戦記はみたゲド、難しいお話でしたね><
でも途中の歌はきれかったです♪
練習しよーーーかな^^

こーころを何に例えようーー♪

【2006/08/01 23:02】 URL | 油谷 #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/25-b267d700

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。