_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「太陽が地球を回っている」を間違いとする教育者の質に問題あり。
 
 
【2007/04/23 02:00】
 
 
紙と筆記用具を用意してください。

では、以下の15問解いてみてください。
ほとんどが2択(正、誤)。⑨だけ周期を問うもの。

①光と音はどちらが早いか

②放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全だ

③喫煙は肺がんをもたらす

④大陸は何万年もかけて移動し続けている

⑤現在の人類は原始的動物種から進化したもの

⑥地球の中心部は非常に高温である

⑦我々が呼吸に使う酸素は植物が作ったものである

⑧宇宙は巨大な爆発によって始まった

⑨地球の公転及び公転周期は

⑩すべての放射能は人工的に作られたものである

⑪ごく初期の人類は恐竜と同時代に生きていた

⑫男か女になるかを決めるのは父親の遺伝子である

⑬抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す

⑭電子の大きさは原子の大きさよりも小さい

⑮レーザーは音波を集中することで得られる



以上の問題は一般国民の科学技術に対する関心度、理解度、態度等意識を調査するために、EU、アメリカ、日本で共通に使われている設問です。

①光と音はどちらが早いか (光)
正答率 89%

②放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全だ (誤)
正答率 84%

③喫煙は肺がんをもたらす (正)
正答率 83%

④大陸は何万年もかけて移動し続けている (正)
正答率 83%

⑤現在の人類は原始的動物種から進化したものだ (正)
正答率 78%

⑥地球の中心部は非常に高温である (正)
正答率 77%

⑦我々が呼吸に使う酸素は植物が作ったものである (正)
正答率 67%

⑧宇宙は巨大な爆発によって始まった (正)
正答率 63%

⑨地球の公転及び公転周期 (地球公転1年)
正答率 58%
 
⑩すべての放射能は人工的に作られたものである (誤)
正答率 56%

⑪ごく初期の人類は恐竜と同時代に生きていた (誤)
正答率 40%

⑫男か女になるかを決めるのは父親の遺伝子である (正)
正答率 25%

⑬抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す (誤)
正答率 23%

⑭電子の大きさは原子の大きさよりも小さい (正)
正答率 30%

⑮レーザーは音波を集中することで得られる (誤)
正答率 28%

http://www.nistep.go.jp/achiev/abs/jpn/rep072j/rep072aj.html


3割が天動説信じる=恐竜時代にも人類?
-ロシア調査

【モスクワ22日時事】「太陽は地球の周りを回っている」-。ロシアで国民の約3割がこう信じていることが明らかになり、関係者の間に衝撃が広がっている。有力紙イズベスチヤがこのほど、全ロシア世論調査研究所から入手した調査結果として伝えた。
 調査はロシアの153都市で、1600人を対象に基本的な科学知識を試す形で行われた。
 この結果、天動説を信じている人は28%に上った。ほかに「放射能に汚染された牛乳は煮沸すれば飲んでも安全」との回答が14%、「人類は恐竜時代に既に出現していた」との回答が30%に上った。
 また、科学的な知識だけを信じる人は20%しかおらず、あとは魔法を含む何らかの超自然的な力の存在を信じていることも明らかになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000038-jij-int


しかし、これなんだけどね。

「太陽は地球の周りを回っている」


これを信じていることをおかしいとしてるけどどこがおかしい?
どっちが回っているかなんて、解こうとする問題に応じて適切な座標系を選ぶことによって変わるでしょ。天動説、地動説は何処を基準点にして動いているか、という単に考え方の問題。


大人に聞きたい。


では地球は回っていて、太陽は静止していますか?
その根拠は何ですか?
大宇宙の中で「静止」とは何ですか?
「回転」とは?



「何言っとるんだこいつ」と思ったそこの理科を表面的に詰め込み教育されてきたあなた、この問題を突き詰めた先に一般相対性理論があることをご存知ですか?
何か当方が言うことが間違っていると思う方がいらっしゃったら、理科の教師でも誰でもいいよ。指摘して下さい。激論いたしましょう。


取り合えず当方の答えを明確にしておきましょう。
地球は太陽の周りを回っている←正しい
太陽は地球の周りを回っている←正しい

地球と太陽はお互いの重力中心を回っている←これが当方の答えです。



それとこれも。

「男か女になるかを決めるのは父親の遺伝子である (正)」

父親の遺伝子が子の性別なんか決め無いでしょw
あくまでX精子とY精子のどっちが受精するかで決定するわけでさ。

正直、質問のほうが頭悪くて何を聞きたいのかわからない。


ゆとり教育を問題視する声がよくあるが、俺はね、教師の固定的な教育というか、詰め込み教育にも大きな問題があると思うのだが。
理科の教師にこの問題解かしてみたら、この問題に対して違和感なく答えていく人がどれだけいることやろうか。
宇宙の概念をまるで地球に押しピン指したかのように、動かないものとして考えていくんじゃない?


教える教師の頭の中がそれだから、生徒もそこまでの発想力しか養われない。



正直ね、太陽が地球の周りを回っていようと、地球が太陽の周りを回っていようと、そんなことは無知の学生に教育する際ってどうでもいいと思うんです。

でも学校の科学って『これが絶対、これが正しい』と押し付けてしまってるでしょ。もし、天動説を支持してる学生がいたら「お前、違うよw」って言うでしょ。なんで違うか、って説明できない教師が。

寂しいことに歴史や国語と同じで「暗記科目」になってるんですね、今の教育現場の科学は(大学卒業以降、教育に関わっていないので現在のことを断定はできませんが)。


「なぜ地球は太陽の周りを回っていると言えるのか。」それを分からせなければ真の教育ではないと思うんですよ。学校だけでなく一般社会でも「なぜ?」と考えさせることを排除しているように思える。
「なぜ?」を排除した教育はただ物事を暗記するだけだから面白いはずがない。

「なぜ」を突き止めていった先に、「発見」があって論理的思考が養われる。
そして、そこまで考えていって発見したことに関しては二度と忘れない。


決して科学に限ったことやない。

英語やって、数学やって一緒でしょ。
「英文の他に文法や英単語まで覚えるの?」ではなく、「文法や英単語を知ったから英文を簡単に読めるようになった、簡単に書けるようになった」でしょ。

The Statue of Liberty has a torch ( ) her right hand

これ、( )内に by in at のいずれかが入るけど、どれ?

答えはinなんだけど、

もしbyが正しかったとしましょう。
そして質問者が、なぜbyなんですか?って聞いたらなんて答えが返ってくるでしょうか?
「右手を使って・によって」と言う意味だから、と言う説明が出てくるでしょう。

もしatが正しかったとしましょう。
そしたら「右手のところで」と場所を示すからatが使われるのです、と言う説明が出てくるでしょう。

inが正しかったとしましょう。
しかし、inが正しいとしたら、今まで学校で習ってきた、「中に」と言う意味合いからしたら、トーチ自体は手の「中」から出ているよ、トーチを持つ部分しか手の「中に」ないじゃんか、と言う事になる。別にこれは今までの教育を真面目に受けてきた生徒からしてみれば何もおかしな疑問ではない。


「持っている場所」を示したいと言うニュアンスがあるときに使う単語がinだからこの場合inが使われる。だから、手から出ていようといまいと関係ない。ここでのinは「中」という意味ではない。 

じゃ、手の中に隠れてしまっている意味での「中に」はどうするかと言うと、inside ofと言う表現を使う。inside of my hand.などと言う表現をしてinよりももっと「中に」と言うニュアンスを出す。


こういう説明であれば、無知の生徒は納得する。

けど、詰め込み詰め込みで、「ここではこの表現を丸暗記しなさい」的な教育になってると思う。少なくとも自分の学生時代の先生はこんなだった。
だから英語が嫌いになって、授業中寝てたし、独学で勉強してきた。

こんな教師がほとんどなのに、何が小学校から英語やw
ちゃんと「なぜ」を教えることのできる教師がいないと、かえって英語嫌いを生むことを今の教育委員会は分かっているのやろうか。


ゆとり教育による学力低下と言われているが、俺は違うと思う。

「教師の質の低下」

これが一番の原因でしょ。
結果的に詰め込み教育で育った今の若い世代の教育者が、詰め込み教育で子供達に教える。その結果、理屈が分からないから勉強嫌いになる。


「なぜ」を突き止める教育者を、子供達は望んでると思うよ。
これから教員採用試験を受ける俺の多くの友達。
よろしくね。
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/250-2ee7c577

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。