_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ブログマナーについて重要なお願い
 
 
【2007/05/21 01:00】
 
 
先日の内容に関してコメントを残して頂いた方々、そして管理人宛に直接メールをくださった方々、ありがとうございました。

本来なら一人一人に対して返信するという形をとっているのですが、今回はこの場を借りて全ての方にお礼を申し上げるという形をとらせてください。


「ありがとう」

これが今回の私のブログネタの本当の完結文かもしれませんねw


長く私のブログを見て頂いている方はご存知のように、たまに強く遺憾に思ったり、心に響くニュースがあった時に熱を入れてブログを作ることがあります。今回の事件はまさにそれでした。

「一生懸命作ったから文句言うな」とか「頑張ったんだから認めて」
なんてことは思ったことありませんし、そういう言葉が大嫌いです。

私は公的に報道する立場ではありませんし、ここで文章を書いてお金をもらっているわけでもありません。ですから、ある程度は偏った意見でも自由に書いてもいい、それがブログの特徴であり、利点でもあると思っております。

「ブログ」を辞書でひくと
ニュースや事件,趣味などに関し日記形式で自分の意見を書き込むインターネットのサイトやホーム-ページ。開設者が個人の意見を表明していくことを基本としている点が掲示板と,閲覧利用者が自由に意見を書き込める点がこれまでのホーム-ページと異なり,個人ジャーナリズムとしても注目されている。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?
MT=%A5%D6%A5%ED%A5%B0&kind=jn&mode=0&base=1&row=0


今後もですね、世論とは逆の意見を書くことだってあるでしょう。そして間違った捉え方することだってあるでしょう。そんな時にですね、、、今から書く私の意見をよく読んで守って頂きたい。

きちんとお互いがマナーを守って討論しましょう。

私はこのブログを開設して、好き放題やってきました。
好き放題やってきたから、私と反対意見を持たれる方も何人もいらっしゃいました。しかし人と接するにあたってのマナーを守っていらしゃった方に関しては、こちらもマナーを守って返信してきました。

人間なんだから、多種多様の考えがあって当たり前だと思うんです。
さらに一つのモノに対して、私が捉えた考えが全てではないのは、もっと当たり前のこと。しかしこっちはきちんと意見を述べてるのだから、それにコメントする人も相応のマナーで書き込みをしていただきたい。

そしてですね、過去にも何回も申しておりますが、明らかなマナー違反・荒らし・嫌がらせに関しては警告を行った上で適切な処置を取らせて頂きます。適切な処置とは一方的な削除、無視、そして通報等も含みます。
↓これをご覧下さい。
http://news.livedoor.com/article/detail/3066803/


これが私の考えです。

国会であっても、会社であっても、そして小学校の学級会であっても、討論する場ではルールというのは存在します。ルールがあるから話がまとまるし、一つの意見に対しての是非が明確になっていくのです。

そんな時に、時間かけて作った資料に対して、何も作っていない人が頭ごなしに「馬鹿じゃね~の」「お前の意見、笑える」「(自分の意見を言わずに)もっと勉強してから話せよw」と言ったんじゃぁ、その人が言っている内容うんぬんよりもその言葉に対してカチンとくるのは当たり前ですよね。

お分かりでしょうか?

ただ、人には失敗はあります。
思ってもいないことをつい口にしてしまうことだってあります。私にだって何回もそういった経験はあります。

HN「りすた」さん。
この方は、最初にあれだけのことを書いておきながら、次には自分の言い方が悪かったことの失敗を認め不器用な言い方でしたが「申し訳ない」。この一言を発せられました。

これはですね、経験上、とても勇気のいることだと思います。
ましてや、逃げ隠れすることだってできるネット社会において、わざわざ2回目のコメントをしにこられた。
私に同じようなことができるか、と言ったら答えは△です。

皮肉交じりのコメントでしたが「申し訳ない」「反省します」。これらの言葉があったので、私の中では他の皮肉文章なんてどうってことないです。その皮肉文章に、彼の今回のコメントをしにきた本意があるとは思えません。

「申し訳ない」

古畑任三郎を最近ニコニコ動画でよく見てるのですが「誇り高き犯罪者」とよく古畑さんが言います。罪が明確になった後に、自らの罪をきちんと認め反省する。

内容がどうであれ、あのようなコメントを残すことは誰から見ても失礼であることは明確。そこに関してはきちんと認めた。

て、ことで今日は最後に古畑任三郎の最終話を掲載します^^
誇り高き犯罪者…


ニコニコ動画↓について
4/21当ブログ「重要なお知らせ」

最も危険なゲーム「前編」


最も危険なゲーム「後編」
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/265-5898f7bf

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。