_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「X JAPAN」復活 年内にライブ ←YOSHIKI、頼むから実現してくれ。。。
 
 
【2007/06/06 01:30】
 
 
 97年に解散した人気ロックバンド「X JAPAN」が復活する。年内に新作を発表し、ライブを開催予定。98年に死去した元ギタリスト、hideさん(享年33)への追悼曲の製作も進めている。復活について、元リーダーのYOSHIKI(年齢非公表)は本紙の取材に「慎重にファンの意見を聞きつつ準備を進めている」と明かした。

 解散から10年。YOSHIKIは「ぼくの意志は固まっている。ファンの人生でもあったバンドだから、慎重に意見を聞きつつ復活の準備を進めている」とし、初めて「復活」の言葉も口にした。

 今年3月には、米ロサンゼルスで元ボーカルのTOSHI(41)を招いた。hideさんに向けて作詞、作曲した「WITHOUT YOU」をピアノで演奏しながら、TOSHIに歌わせた。

 「インスト(伴奏だけで歌なし)で(98年にソロアルバムで)発表した曲だけど、もともと詞は作っていて、誰かに歌ってもらいたいと温めてきた。TOSHIに歌ってもらったらパズルがスパッとはまった感じ。ジーンときた」。居合わせたスタッフによると、TOSHIも涙を流しながら歌唱していたという。

 2人の再会は昨年11月。その後もたびたび電話で連絡を取り合ってきた。

 今後はギタリストのPATA(41)、ベーシストのHEATH(39)も合流し、解散時のメンバーでの復活が内定。hideさんのパートについては「ゲストを迎える形がいいと思う。1回のライブで10数人とか」と構想を明かした。

 復活ライブは年内にロスからスタートする見込み。TOSHIの歌声を入れた「WITHOUT…」も発売する予定だ。実現すればX JAPANとしての新曲は、97年大みそかの解散公演で披露された「THE LAST SONG」以来となる。

 YOSHIKIは「hideが亡くなってから、ファンからは“再結成したら殺す”とか“再結成しなかったら死ぬ”とか、どっちにしても過激な意見が多かった。安易に判断できないと思って、何も前に進めない自分もいた。(X JAPANの)復活は自分にとってのけじめでもある」と明かした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000018-spn-ent
Without You

これはビックニュース。

つってもなぁ、、、何回も何回もYOSHIKIには裏切られてきたからなぁ。
ほとんど口だけ。アルバムにしても、新グループ結成にしても…。

ちゃんと期日が決まってメンバーも確定して、それから喜ぶことにしようw

↓しかし、洗脳されたこいつ(TOSHI)も本当に帰ってくるの?

アゴアゴアゴ、うるせーーーーーーよ、まじで
なんだその髪型。
こいつ、どんな顔して帰ってくんのよ。。。

↓HIDEの想いを受け継いで再結成するなら、この頃に戻ってもらわないと。


ギターは誰だろ。候補としてはこの辺。

TAIJI・・・元ギタリストでデビュー前期Xのベーシスト。
SUGIZO・・・Xの弟分。元LUNA SEAのギタリスト。エクスタシーorSKIN繋がり。
KIYOSHI・・・hideのソロツアーのギタリスト。hide繋がり。
橘高文彦・・・筋肉少女帯のギタリスト。企画でhideとバンド組んだり親交もあった、hide繋がり。
マーティ・・・元メガデスのギタリスト。相川七瀬のサポートツアーでPATA繋がり。
高井寿・・・hide、PATA加入前のギタリスト。歴代Xの中でNO.1のテクニカルギタリスト。
Syu・・・アニメタル、ガルネリウスのギタリスト。重度のXオタ。
雅・・・SKIN繋がり。



俺的には、X時代にベースをやっていたTaijiをギターにして復活させてもらいたいけどね。YOSHIKIもこの際、あの最悪な関係やったTOSHIとも仲直りしたんだから、TAIJIとも仲直りしてくれよ。。。これがファンの願いやね。

X JAPANを知った時からずっとHIDEファンでした。
HIDEに影響され、高校生ながら10万の高いギターを買いました。勿論、HIDEモデル。練習したのもXの曲。
それほどHIDEファンな俺やけど、Xファンとして冷静な目で見て言います。

X JAPANはYOSHIKIとTOSHIがいなければ成り立たない。
よくXをラーメンに例えられます。
YOSHIKI=スープ
TOSHI=麺
HIDE=豚骨
PATA、HEATH=コショウ


XはYOSHIKIとTOSHIによって成り立っている。
スープと麺がなければラーメンやない。
HIDEがいれば、ラーメンを更においしくさせる。しかし豚骨がなくてもラーメンってのは成り立つ。
味を決めているのは全てYOSHIKI。醤油味にするか豚骨味にするか塩味にするか。HIDEファンとして残念だけど、それがXだと思う。

そういう意味でTOSHIが帰ってくるのは、本当はめちゃくちゃ嬉しい。
おそらく声量も落ちただろう。昔のような歌い方もしないかもしれない。
だけど、自分の耳に届いて残っているXの音楽はTOSHIの声でないと再現はされない。一時期、ボーカルをガクトにする説があったが、やはりTOSHIを選んで正解だと思う。
ファンが一番望んだ形やし、何よりYOSHIKIとTOSHIの仲を気にしたまま亡くなったHIDEも喜んでいると思う。

もう一回、このネタを取り上げる時がくるでしょう。
その時は、きちんと何もかもが正式に決まった時やと思う。


以上、本日の内容でした。


ここからは余談です。

松本人志監督「大日本人
すごいですねぇ。

何がすごいか。
よくもまぁ、こんなに批判があるものやなぁ、と。

話題の映画というのと、松っちゃん自体が万人に好かれていないのと。
そういうのもあって、賛否両論になるのは最初から分かってはいたが…。
どんなすごい映画であっても、批判する人は批判してたでしょう。

ここから書くことに誤解を与えないように、自分の立場を今一度明確にしておきます。
俺は、松本信者と呼ばれてもおかしくないくらい好きです。
ほとんど彼の出演する番組は観てきましたし、本も全て買ってます。

それだけ大好きですが、今回の映画は60点だと評価しました。
映画はめちゃくちゃ好きとかやないのですが、年に20作は観ているでしょう。
ビデオで借りて観たり、TVでやっているのも合わせれば、結構な数になるかもしれません。
60点と言ったのは今まで観た映画と相対比較をして60点なのです。相対比較ですから、何点と出すかは人それぞれ指標があるでしょう。
この点数に、ヒイキ点、新人監督っというのを乗っけると80点でしょうね。

個人的には笑った部分はたくさんあった。
細かい動きとか、表情とか、会話とか。
細かい動きというのは、例えば後半のシーンですが、焼肉居酒屋みたいな所で肉をひっくり返したシーンに軽いギャグがあると分かった人ってどのくらいいます?
焼肉を一回目ひっくり返そうとしたら焦げで肉が鉄板にひっついてしまってて取れないんですよ。んで、二回目はなぜか簡単に取れる。そして、その肉を生肉の入ってた皿に入れるんですよ。
こういう所で「くすっ」と。

他にも、前半部分の公園でインタビューを受けるシーンですが、風が微妙に吹いていて右側の髪の毛はずっと口に入ってるんです。けど、そっちは気にしないでひたすら左側の髪の毛ばかり気になって掻きあげる。

そういう万人には伝わらないであろう細かなボケが積み重なった映画なんです。

これをですね「それのどこが面白いの?」と聞かれても困る。
おそらく、松っちゃんが出演するTVをよく観てきたから、「あ、細かい伝わりにくいボケをしてるわ」っという風に思って笑う自分がいるのもあるでしょう。笑いの基準なんて人それぞれだから、正直どうでもいいんやないですかね。

「どこが面白いの?」
って聞くお笑いにおいてタブーな質問をする人よ。

じゃ、お前が過去に面白いと感じた映像を相手にも伝わるように説明してみろや!!!



ヤフーの映画のレビューのところを見てねぇ、正直呆れたw
面白くなかったって人が、面白いと言った人に対して
「どこが面白いのか説明してみろ」的なことを言ってるんですよ。

先にも言いましたが、この発言、お笑い番組を観る上でものすごく恥ずかしいこと言ってるとを分かってるのでしょうか。おそらく松っちゃんもこんな発言をする人には観て欲しくないと思ってるでしょね。

「笑いを誘っている部分は理解したが、それが面白いとは思わなかった。あのレベルでは自分の中では面白いとは思わない」
これなら分かるんです。これなら理解できるんです。お笑いの感性の違いだな、と。


これと似たような人ってどこにでもいるんですが、一緒にお笑い番組観ててこっちだけが笑ってたら
「なんて言った?」
って聞いてくる人。

知らんわ!!

聞こえなかったのか、それとも聞いてても面白いと思わなかったから聞いてくるのか知らないが、どっちにしてもお笑い番組を観る資格ないんですよ。

ずーーーっと前フリのあった後で「ボソ」っと言ったことが笑えることってあるやないですか。
聞こえないのも集中して聞いてないから聞こえないワケであって、笑ったことを俺に聞かれて答えたところで、ボケに至るまでの流れをちゃんと聞いて理解していない限り、全く面白くないんですよ。

で、聞こえていた上で面白いと思わないのであれば、あとで「どう言う風に面白かったの?」と聞かれても「俺とお前の感性の問題や、ボケ!!」としか言いようがない。

面白い、面白くないの感性のことは、どっちが正しいとかないんですよ。
面白いと思えたから自分の笑いのレベルが高いとか、面白くないと思ったから笑いのレベルが低いとか、そんなもんやないでしょ。
人それぞれ、感性が違って当たり前。

それを一生懸命、ヤフーの映画レビューの所で言い合ってるんですね。
もう、あほやないかと。一応、↓貼っておきますね。
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id327082/

この映画を観た人の「映画を評価する」レベルに問題ありすぎ。
こんな奴らが観て何の評価ができるのだろうと。

「映画」ですよ、これ。
「ごっつええ感じ」やないですよ。
映画って当たり前の話、ストーリーがあって、始まって終わるまでに監督が伝えたいことが込められているんです。それについて評価しろよ、と。
「面白い」「面白くない」といった観た人の感性によって映画を評価されたんじゃぁ、監督もどうしようもないと思うのですが。


あ、それとですね
「実写版に切り替わったのはどう意味があると、あなたは考えてる?」
と何人からか聞かれたんですが、それも人それぞれで捉えたらいいんじゃないでしょうか。

自分はですね、
「最近のお金かけまくっているCG映画に対しての、強烈な皮肉」
やと思ってるのですが。どうでしょうか。

実写に切り替わるまで、「大日本人」もCGを多様していました。
しかし
「映像では迫力あるシーンに映しだすCGやけど、実際の製作の現場はこんなもんよ」
と皮肉を込めているように思います。自分はそういう風に理解しました。
ま、これも観る人の自由だと思いますが。

余談が長くなりましたが、そんなところですw
(余談の方が長っ!!)

これこそ「収入20万。副収入30万。ほんとは80万欲しい」ですねw(分かる人だけ分かってくれたらいいです。)
スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

ごちゃごちゃと
【2008/06/29 16:47】 URL | #TfZrsZ66 [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/273-65c98ab0

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。