_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
一週間ブログを休ませた俺に襲い掛かった精神的ストレス (後編)
 
 
【2007/06/23 02:00】
 
 
公務員をよくここで叩いたりしますが、毎回言っているように、公務員全てを指して言っているわけではありません。
特に、突っかかってくる公務員の方はいらっしゃいませんが、今後もご理解頂きたいと思います。

大多数はそうだと思うけど、全員が全員そうではないと思っていつも書いてます。俺は、教育学部卒業してまして、友達にも公務員はたくさんいます。

決して嫌いなわけではありません。甘いと思ってるだけです。


今日の本題からは少し逸れますが、まずはこの話からしましょう。

あのね、以前友達の引越しを手伝ったことがあった。
来たメンバーがね、これが皆にとって初めて会う奴って関係。つまり引越しの張本人は全員を知っているが、来た面子はそれぞれ知らないもの同士やった。
じゃ、まずはメンバーの内訳から。

・引越しの張本人(料理人)
・公務員
・フリーター
・俺(サラリーマン)


こういう構成だった。
前日に引越しする家にみんなが集まることになった。
そして、みんなが集まって、鍋をつついた。

引越しの張本人がまずは、一生懸命つながりを持たせるために頑張った。
人に対する気遣いはやっぱり上手い。職業柄、客と直接接するわけだからその辺は慣れたもの。上手い具合に、みんなが仲良くできるように話をふっていた。


フリーターは話が面白い。
色んな馬鹿げた経験を話し出した。そして、自分を落として話すことは天下一品。女好きでコロコロ女変えて楽しんでる、仕事もコロコロ変えて楽しんでる、経験豊富で聞いていて楽しかった。


俺は、一生懸命気を遣って少しでも呼んだ仲間同士を仲良くさせようと頑張っている連れの気持ちが分かった。そして、フリーターの自分を落としてまで盛り上げようとする心意気も伝わった。だから、こっちもそれに応えるように、気を遣わせないように積極的に話をした。

公務員。我が道をいってた。まるで、「こいつら明るいね。俺はそもそも暗いから…」と言わんばかりに一人、TVに夢中になるわ、タバコ吸いに外に行くわ、眠いだの、疲れただの。。。


翌日、朝から引越しの作業が始まった。

張本人はそりゃ、当たり前だけど動き回るよ。ああしたい、こうしたい。あれお願い、これお願い。自分も働くけど、人にちゃんと指示が出せてたからこっちも動きやすかった。

フリーター。彼は知っている生活の知恵を思う存分発揮した。
あそこの車を借りると一番安い、こういう結び方するとほどけない、これとあれを一緒に梱包した方が形が崩れない、等々本当にためになった。そして彼は汗びっしょりになりながら一生懸命働いた。


俺は、効率を考えた。
こっちを先に持って行った方がいい、先に出してしまった方がいい。このでかいものだけは業者に頼んだ方が安全。等々、効率の良さを考えてアイデアを出した。


公務員。ひたすら指示に従うだけ。言われたことをやるだけ。すぐに「疲れた」「うわ、これ重いわ。しんどいわ」「帰って寝たい」「俺が引っ越すときも絶対に手伝わせるからな!」出てくる言葉はこんなもの。


こういう時って普段の仕事での姿が現れると思うんやけど、「やっぱりな」と感じた。もしかしたら、こいつだけかもしれんよ。けど、自分の思ってる公務員に対するイメージとマッチしすぎてて「こういうレベルなんだろなぁ」って思ったよ。


おっと、余談が長くなった。。。
さて今日は↓の続きを書きます。
http://emocchi.blog60.fc2.com/blog-entry-277.html

それからというものやね、俺は一生懸命、やったさ。
その糞教授の研究テーマを。
まぁ、ここでその研究の内容を書けば、もしかしたら検索ワード等でひっかかって糞教授、もしくはそこの研究室の学生がここにくる危険性があるので、リアルに書かないことにしときましょう。

だから、こうしましょう。
その教授が俺らに与えた研究テーマが

「野菜を棒で叩くとアミノ酸が増加する。」

これだったとします『棒』はね、皆さんが夏場「○○○が強くて日焼けするわぁ」って言う○○○に変えて、『で』「を」『叩く』「当てる」『アミノ酸』ってのをお茶によく含まれている成分「ポ○フェ○ール」に変えてください。これが糞教授の研究テーマ)

ほんとね、はっきり言うよ。
一日中、叩き続けてようやく叩き続けていないのに比べるとお風呂場に目薬一滴分入れたほどの差がでてくるだけなのよw

これを
『「世界初」の発見だ!!』
って言って威張りくさっているわけ。

あのね、君。なんで「世界初」か分かるかい?
お金使った割りに効果もないし、実用的ではないから世界中の有能な科学者は誰も研究テーマにしなかっただけなのよw

もっと棒で叩けば効果があるんじゃないか?
ははw
それが違うのがこの糞研究テーマ。
棒で叩きすぎるとアミノ酸が逆に崩壊してしまうのよ。
つまり叩く加減を調整して、ばっちりの条件の下でない限りこの研究は成功しないというなんともしょうもない研究テーマなのさ。

ここでもう一回言っておきます。
ここにリアルに研究内容を書いてしまうと、そこの大学の糞教授や研究室の学生が検索ワードでそれらの調べ物をしている時に、たまたまここにひっかかってくる可能性があるのでキーワードは書きません。
本当の研究内容は、『棒』「紫○○」『叩く』「当てる」『アミノ酸』「ポ○フ○ノー○」です。


俺も一時期サイエンティストを志して、勉強してきた人間。
率直な意見として、あまりにも実用的でなくてアホらしいと思った。
だけど、自分の今の状況は一サラリーマン。上からの指示は絶対。
なによりも何を考えているかわからへん経営陣が勝手にだけど、300万円もこの取り組みに投資しよった。

やらなきゃならんのよ…。

うちの会社でも同様の研究をして成果をだして、そのノウハウを商売に取り入れて、商品に付加価値をつけて、他社との差別化…。
サラリーマンの方々は、お分かりですよね。理不尽なことでもやらなければならない状況があるということを。

普段の仕事が減るわけではない。普段の仕事+この仕事。
300万払っているのに、こっちが研究する。
なぜか、分析するのに必要な機器(マイナーな機械すぎて、うちの会社の検査室にはないのよ)を借りるのに学生に頭を下げなければならない。
糞教授は威張りくさって、まるで俺を自分の部下かのように指示をだす。
たまに説教しよるw


なんでこんなことやってるんやろ、、、俺。

何度も自問自答したよ。

スーパーに頼み込んで、野菜を棒で叩く機械を取り付けて、棒が叩ける範囲と、叩けない範囲の2箇所に同じ野菜を分けて販売するようにした。

んで、1個、2個しか分析しなかったら個体差によるバラつきが大きく出てくると思って、2ヶ月に渡ってできるだけ多く分析を行うことにした(棒を叩くことによっての効果を比べるわけだから、スタート時点のアミノ酸の量はできるだけ同じ方がいい。)

計70サンプル。

1サンプルを処理するのにかかる時間が半端やないから、ほとんど毎日、夜遅くまで残業三昧。
そんで、データを集めて、両者のアミノ酸の量の比較を行った。
この一連の研究論文も作成した。
正直、サラリーマンとしてできる限りのことは全て行ったよ。

結果はね、差がなかった。
でてきたデータに統計分析を行った結果、差がない。
そういう結論に至ったのよ。
むしろ棒で叩いたほうが、アミノ酸は減っていたw

だけど分析結果を都合よくするために捏造するなんてのは、もっての他だから有りのまま論文にて報告した。この論文は公に提出するものではなく、会社の経営陣に報告するため、そして糞教授に産学協同プロジェクト結果を報告するために作成したまでのもの。(この論文を作ったことで、この糞教授が以前に成果が出たと報告した研究を否定するものでもなんでもないのよ。)

まぁ、もう感の良い人は分かるよね。

この研究結果を糞教授に報告したら

「一生懸命やったかどうか知らないが、こんな研究は意味がない!!!」

「個体差が大きすぎる!!!」

「個体差によって、効果が出ているのに、効果が出ていないという結果になってしまったんだ!!!」

「だから、俺が言っただろう!!!○△×のようにしろって!!!(←注:一切言ってない)俺の言うとおりにしないからだ!!!(←注:言ったとおりにちゃんとした)



あのねぇ、そもそもねぇ、、、考えてみろや、ボケカスよ。
紫○○ってさぁ、わざわざスーパーの冷蔵ショーケースで一生懸命当てることによって増やそうとしなくても、畑で生産されているときに、太陽にいっぱいあたっとんねん。つまり、あんたの研究がほんとに効果的でそれを生かそうと思ったなら、太陽のよくあたる地域で生産された野菜を商品として取り入れたらいいだけやんか。違うかいね。

あんたは、個体差があると言った。
そう、スーパーのショーケースで目薬一滴分成分を増やすレベルよりも、太陽が当たっている場所で育てられたかどうかの方が大きいってことでしょ。
あんた自身もそう認めて、声高らかに怒り狂って言ってるやん。

じゃ、こんな研究する意味ないやんw
分かるかい、机上の研究が大好きな化学音痴教授


俺が一回噛み付いて
「実用的ではないですね」
って言ったら、真っ赤な顔して
「実用的でないことをするんだよ!!!!」
って馬鹿げたことを言い返してきたからね、この教授。


「実用的でないことをするんだよ!!!」


思わず笑いそうになったwww
さっすがぁ~。
『ゆとり公務員』
そのとんちんかんなお答え待ってました!!!


っつか、ほんま。。。

実用的でない自己満足の研究を公的資金を使ってすな!!!!
あほか、お前ら!!!


こっちはお前の研究と、威張りくさった態度と、礼儀しらずのゆとり学生を相手にしてストレス溜まっとんのに、お前がいちいちいちいち俺に説教たれんな。


誰に言っとんねん!!!


こっちは、お前らの研究室を助成するスポンサーやぞ。
なんにもしないお前らに、産学協同と名をうって300万円渡しとんのや!!!

なにが世界初やねん!!!

高速運転中にお腹いたーなって、大渋滞にまきこまれろや。んで、結局とんでもないくっさい屁がでて、車の中を悪臭が充満して自分の屁で窒息死そうになる前代未聞の世界初の珍事を起こして、世界中から笑われろや、ボケカスが!!うりゃぁぁあぁあぁぁああああぁうぇわわぁ!!!


っとまぁ、ブログを一週間休むほどのストレスがたまったわけですよ。
ほんまねぇ、ぶん殴りたくなったよ。あっほらしぃ。。。



ではでは、最後は、真面目な話に切り替えます。

この教授のありえないことを申し上げましょう。これはこの教授に限らずのことですが。それでこの内容の〆とさせていただきます。

この教授、大学においての教育・研究とは別にビジネスを立ち上げたいという話を熱心にしていた。うちの会社、健康食品を取り扱っている部門があるんです。そこに、自分で製作したある野菜のエキスの入った「石鹸」を売り込みたいと。箱にはちゃんと名を売るために自分の名前を書いてます。「○○大学の俺様教授が研究して製作した石鹸です」と。
一個いくらやと思います?当社で500円で販売して自分は250円のロイヤリティーをもらいたいと。

まぁ、正直俺にはどうでも良かったが、一応付き合い上、「『健康食品』を取り扱っている事業部に話をしておきましょう。あとは、当事者同士で話し合ってください」としていた。

するとどうでしょう。
あとで、その事業部の人間と話をすると驚くべきことが分かった。
その教授から立て続けにメールなどがあり、あまりに熱烈な売り込みに困惑するほどだと。
一方で、産学協同として既にお金を渡したこっちはどうかと言うと、一切と言っていいほど連絡をしてこず、当社との窓口を学生にしてしまうほどで。

どうです?

既に公的にお金を渡してプロジェクトを開始した方には、ほとんど無視。
しかし副業である個人的なビジネスに関しては熱心に。
なんとも単純であからさまな損得勘定を丸出しにするこの教授はいかがなものかと。元から嫌いであった公務員に対して、更に更に更にひいてしまった。

この後、どうなったかは知らないし、知りたくもない。
今まで商売をやったことのなく、頭を下げることができない公務員が、商売に携われるだけの社会性を備えているとは到底思えない。特に、この教授に関してはそう。1円単位で利益勘定をしなければならないビジネスの中の数字に誰もが明るいわけではない。現に石鹸1個が500円で売れると思っている。そして250円のロイヤリティーを得ようと思っている。

公務員として生きてきた。そして商売をする上での礼儀をしらない。めくりめく消費者の関心・動向を把握していない。甘ったるい、損得勘定によって生まれた机上の計算値で利益を得ようなんてそんな商売なんて簡単なものやない。
考えが甘すぎる。

公務員が、どの程度そこを自覚しているか。

食品の流通業においては、250円の利益を得ようと思ったら2500円の物を売らなければならないんです。分かってますかね、糞教授よw

甘ったるいあんたが踏み入れる世界やないのよ。
スポンサーサイト

テーマ:疲れた・・・(;・-・)y-~ - ジャンル:日記

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

いやぁ、なかなかオモロイ話やったわ。石鹸の落ちも良かったわ…てか、引くわ!研究成果を求めてるというか、権力が欲しいって感じやなぁ
【2007/06/23 06:44】 URL | つぼ #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/280-91f78893

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。