_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
落合監督の采配に、真のリーダーの有り方をみた。
 
 
【2007/11/04 01:11】
 
 
 名采配(さいはい)か、非情の采配か――。

 プロ野球日本シリーズで53年ぶりの日本一に輝いた中日の落合監督が、八回まで一人の走者も出していなかった山井大介投手(29)を、シリーズ史上、初の完全試合まであと1イニングとした最終回に交代させる前代未聞の継投策をとった。九回は岩瀬仁紀投手(32)が三者凡退で退け、采配は成功したが、大舞台での偉業を見逃した格好のファンからはため息も漏れた。

 プロ野球解説者で元阪神監督の安藤統男さんは「これが今年の中日のスタイルで非情の采配ではない。正解だと思う。ただ、自分が監督であれば、果たして交代させられただろうか。見事な決断だった」と評価した。一方、評論家の玉木正之さんは自身のホームページで「百年に一度あるかないかのすごい興奮の瞬間よりも、53年ぶりの優勝を確実にしたかったというなら何と小心な夢のない野球か」と怒りを爆発させた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000015-yom-spo



広岡達郎「これは信念に突き動かされた采配だ。 中日を五十三年ぶりの日本一にさせるんだという 落合監督の強烈な意思を誰も邪魔する事はできない。 日本シリーズで初の完全試合という個人記録ですら、 入り込む余地はなかった」(中日新聞)

東尾修「私が投手なら監督とケンカしている。しかし53年ぶりの日本一を最優先するのは当然。大げさに言えば自分の首をかけての決断」(テレビ朝日)

石原慎太郎「落合は見事だと思う。泣いて馬謖を斬ったんですよ。私は落合監督は絶対正しかったと思う。あれが本当のリーダーだ。」

牛島和彦「53年ぶりの日本一が懸かるマウンドとなると分からなくはない。難しい決断だったと思う」(スポニチ)

権藤博「監督を経験した立場から言わせてもらえば、個人記録よりチームの勝利が優先。落合監督らしい完璧な守りの野球。」(報知)

達川光男「1番いい投手を最後に出すのは当然。何も問題はない」(報知)

山本功児「考えられない継投ではない。他のチームの監督にもいい勉強」(報知)

山田久志「高く評価してもいい。しかし自分が監督なら絶対に交代させることはない」(ニッカン)

森祇晶「考えが浮かんでもなかなか行動に移せるものではない。良くぞ決断した」(ニッカン)

上田利治「勝ち切るためには当然の策だろう。」(デイリー)

野村克也「10人の監督がいたら10人代えない」(テレ朝より抜粋)

浦和レッズ田中達也「ファンとして完全試合は見たかったが、あそこで
代えるのはすごいと思った。チームあっての個人だから、そこを忘れちゃいけない」

谷沢健一「落合は監督の器じゃない。(と終始批判的)」(フジとくダネより抜粋)

玉木正之「これが落合野球やというなら…。日本一になったんやからサッサと
辞めてほしい。100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも53年ぶりの
優勝を確実にしたかったというならナント小心な夢のない野球か!本当に気分
が悪い。」「山井に“豆ができた”んやって。そやから“投手コーチの判断は早かった”んやって 。そうか。“日本シリーズ完全試合”を断念するほどの“豆”やったんやね。そらシャーナイわな。それほどの“豆”やったんならシャーナイわな。“日本シリーズ完全試合”を断念せんとアカンような“デッカイ豆”で“痛い豆”ならシャーナイわな。投手コーチが判断したなら監督としてはシャーナイわな。しかし俺の気分は…。俺の気分くらいドーデモええけど絶対に二度と見られないと断言できるほどの最高に美しい野球の瞬間が消えたことは…。そうか。“豆”やったんか。落合采配にはテレビでもいろいろ“賛否” 両論出てるけど“豆”やったらシャーナイで。投げられへんほどの“豆”やったら…。」(本人ブログより抜粋)

彦野利勝「(采配支持が過半数いたことについて)支持してるのは野球を知
らない人達でしょう。あの采配はおかしい」(CBCラジオ)

ピエール瀧「日本シリーズですから、記録より勝ちにこだわるから継投はアリ。それよりも、あの場面で抑えた岩瀬が凄いですよ。落合監督大好き。フクシ君になりたいです(笑い)」

星野仙一「ワシなら変えない。落合は投手じゃないから気持ちがわからない。勝つことで評価される監督だから。勇気のいる決断ではあるが」

江本孟紀「他球団の監督だったら100%投げさせているだろう。投手も『行く』と言わなきゃ。あそこで続投させる監督は、プロ野球界全体のことを考えている監督。完全試合を達成していれば、野球に興味のない人まで関心を持ってくれるチャンスだった。それが野球人気につながっていくのに」

永谷脩「投手出身と野手出身の監督の性格の違いが明確に出た。クライマックスシリーズから勝ち抜くためにはこういうふうにして勝つんだよという、皮肉めいた采配(さいはい)にも感じる」

江藤省三「個人的には山井の大記録を見てみたかった。だが山井が一本でも打たれたら、チームがガタガタときていたかもしれない。
自分なら山井に『痛くても投げてみんか』と声をかけるだろうが、そうしなかったのは、大した監督だと思う」

阿波野秀幸(試合後、山井のユニホームに血がついているのを目撃したという)「監督が選手起用や作戦を説明する必要はないし、交代が議論を呼んだから後で話したのかもしれない。短期決戦で、しかも1-0だから個人のことよりもチーム。完全試合がかかっていなければ、交代に異論を挟む人はいなかったはず」

高橋直樹「かつてワールドシリーズでヤンキースのドン・ラーセンが完全試合を達成したが、できればやらせてやりたいと思うのが人情。その私情をはさまないところがすごい。シーズン中であれば、ヒットが出るまで投げさせてあげようと思うところだが、短期決戦の日本シリーズはそうはいかない。山井を続投させて打たれたら悔いが残る。あの判断は間違いないし、悪いことだとは思わない。チームが勝てばそれでいい」


風邪引いて、仕事休んで寝込んでいた間に、中日の優勝が決まったみたいで。

中日ファンの皆様、おめでとうございます。
今年は、阪神は全然ダメでした。。。惨敗ですね・・・。
再来年辺りに、岡田から星野に監督が代わって、リベンジしてくれると期待してます。

なんとも時代遅れのブログ更新・・・。今年の風邪はキツイですよ・・・。
もうかれこれ5日目。。。未だに咳と喉の痛みが治まらない。

風邪ひいてそれどころやなかったってのと、中日vs日ハムってことで、全く興味がなかったので、知らない間に始まり、知らない間に終わってたって感じですねぇ。

落合采配が賛否両論ってことでネット上でも議論されてるし、マスコミでも大々的に取り上げていたから、どうしたもんかと興味をもった。


ほほぅ、完全試合目前での交代か。
一応↓
※完全試合
完全試合(かんぜんじあい)とは、野球やソフトボールの試合における記録のひとつで、投手が安打・四球などを出さず、27人の打者に対して完投勝利すること。

日本では過去15人が達成
1950年6月28日 藤本英雄 巨人
1955年6月19日 武智文雄 近鉄
1956年9月19日 宮地惟友 国鉄
1957年8月21日 金田正一 国鉄
1958年7月19日 西村貞朗 西鉄
1960年8月11日 島田源太郎 大洋
1961年6月20日 森滝義巳 国鉄
1966年5月1日 佐々木吉郎 大洋
1966年5月12日 田中勉 西鉄
1968年9月14日 外木場義郎 広島
1970年10月6日 佐々木宏一郎 近鉄
1971年8月21日 高橋善正 東映
1973年10月10日 八木沢荘六 ロッテ
1978年8月31日 今井雄太郎 阪急
1994年5月18日 槙原寛己 巨人


長い歴史のあるプロ野球でも、「完全試合」を達成した投手はたったの15人。それほど投手としては栄誉ある素晴らしい記録です。

で、中日の山井が8回(24人)まで完全に抑えていたのにも関わらず、9回投げさせずに、守護神の岩瀬にスイッチしたってことか。

山井大介の今シーズンの成績
試合数14 投球回数83イニング 防御率3.36 6勝4敗
被安打75 与四死球33

岩瀬仁紀
試合数61 投球回数59イニング 防御率2.44 2勝4敗43セーブ
被安打53 与四死球9


阪神で言うと・・・

能見篤史
試合数23 投球回数74イニング 防御率4.38 4勝4敗
被安打79 与四死球34

上園啓史
試合数17 投球回数85イニング 防御率2.42 8勝5敗
被安打70 与四死球34

この辺の選手ってことやんね…。
この辺の選手が、8回まで完全試合で試合を進めるも、手に豆ができてた。

で、1-0で日本シリーズの優勝が目前に迫ったこの時に、守護神藤川にスイッチするかどうかってこと。

藤川球児
試合数71 投球回数83イニング 防御率1.63 5勝5敗46セーブ
被安打50 与四死球19


うん、落合采配は正しいと思う。

中日ファンでこれ文句言っている人いるの?ちょっと風邪で寝込みすぎてて世間の声が分からへんけど。

能見、上園が日本シリーズの大一番に先発して、8回まで完全試合やってて、最後、球児が出てきてもなんも文句ないよ。


これを批判している人の意見が聞きたい。
じゃ、どこで代えるべき??

山井が完全試合のプレッシャーと、日本一のプレッシャーの両方を背負って9回のマウンドに上がった。

・大きく外れたボール三つでノースリーになりました。

・先頭打者を四球で出しました(この時点では、まだ日本シリーズ初のノーヒットノーランがかかってる)

・二連続四球を出しました(この時点でも、まだ日本シリーズ初のノーヒットノーランがかかってる)

・三連続四球でノーアウト満塁(この時点でも、まだ日本シリーズ初のノーヒットノーランがかかってる)


どこで代える?

山井の今シーズンの成績を見る限り
投球回数83イニング 被安打75 四死球33

つまり、1イニングに、1人以上ランナーを出して不思議でない投手なわけで。

日本一の優勝のかかっていない試合なら、スコアが1-0でないなら、話はまた違うけど、この試合はもう、幾たびの修羅場とプレッシャーと闘ってきた守護神に任せるっつーのは、普通だと思うが。

だって一人ランナー出て、ホームラン打たれれば逆転でしょ。
優勝したい、でも完全試合もしたい。
ボール球が専攻した時に、四球出したくない一心で、ど真ん中投げるかもしれへんで。

俺は、落合采配は見事だと思うけどなぁ。


しかし、それよりもどーしてもひっかかるコメントが・・・

石原慎太郎「落合は見事だと思う。泣いて馬謖を斬ったんですよ。私は落合監督は絶対正しかったと思う。あれが本当のリーダーだ。」

こういう時に、この言葉使うか??

やっぱりそうだ。


泣いて馬謖を斬る
「規律を保つためには、たとえ愛する者であっても、違反者は厳しく処分することのたとえ。」


ちょっと耳を疑うなぁ。この人、文学者でしょ??
こんな間違った使い方をするかね・・・。
もともと、この人のことを頭が良いなんて思ったこともないから、「またかw」って感じです。

山井は違反者でもなんでもないんですがw

これ(石原の発言)ってもう、世間で話題になってるの?
どうせ、また突っ込まれたらコジツケの理由を言うんだろ。素直に訂正することはないだろな。

それとも本当に違った意味があるんかなぁ??俺が知らないだけ??
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

皆さん 1番大事なこと忘れてるよ!
野球。ファンあってのことでしょう。
そのファンがそのとき何を期待してるか?じゃないの。しかも6回頃からアナウンサーが期待してましたよ。ファンの望みを切ってしまった。落合監督にカツ!! 優勝達成したんだから引退したら!!
【2007/11/04 09:54】 URL | #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/04 10:45】 | # [ 編集]

タラレバ
作戦っていう意味では落合采配がベスト。
ファン心理としては、感動的なシーンを求めて
続投して欲しかったのも当たりまえ。

5-0だったらどうしてただろう?
投手が川上だったらどうしてただろう?
中日が去年も日本一だったらどうしてただろう?

1-0で53年振りの日本一を狙う監督としては
変えざるを得なかったんだと思いますけどね、俺は。

自分が監督だったら・・・
続投させてますね(ー'`ー;)
その結果打たれて、日本一を逃したとしても
野球ファンに叩かれる事はなかったのでは?
中日ファンでさえも怒らないと思うんですがねぇ・・・
【2007/11/04 15:51】 URL | お腹 #- [ 編集]


泣いてバショクを斬るの使い方は、間違いなく間違えてる。でも、言いたい事はわかるわ。
【2007/11/04 22:55】 URL | つぼ #- [ 編集]


>>名無しさん

初めまして。私も、大の野球ファンです。そして中日ファンではなく、阪神ファンです。
私は、野球ファンとして、この決断は「全員野球の素晴らしさ」、「野球と言うのは勝負どころでは『運』ではなく『確率論』で勝負するもの」というのを教えてくれた気がして、より一層好きになりましたよ。


>>お腹さん
どもw
>>1-0で53年振りの日本一を狙う監督としては
>>変えざるを得なかったんだと思いますけどね

これがシーズン中の只の一勝であれば、私も「こんな野球すんなや!!」と落合采配に対して呆れていたと思います。しかし、状況が状況。この落合采配には賛同できます。


>>その結果打たれて、日本一を逃したとしても
>>野球ファンに叩かれる事はなかったのでは?

ここなんですよねぇ。議論になるのは。
私は、中日ファンは叩くと思います。もしもこれが阪神だったら。能見が8回まで完全試合。スコアが1-0。本拠地甲子園で優勝が見れる最後のチャンス。100%勝ちをもぎとって欲しくて球児出してくれって思いますもん。

最後を締めるのは、抑え投手の誰もが言うように、難しいと。すごいプレッシャーであると。これだけのプレッシャーのかかる最後のマウンドで阪神で言うなら能見が平常心でいられるなんて考えられない。私なら、確率論でいかないで、やられた時に叩いている気がします。球児だしとけや!!と。

結局は、タラレバになっちゃうんですけどね。


>>つぼ
>>でも、言いたい事はわかるわ。

「苦渋の決断」って言いたかったってことやろ?
確かに、たぶんそうなんやろな、って思うよ。で、普通の人がこう言っているなら、まぁスルーするよ。ただ、この人「芥川賞」を取った日本を代表する作家やんか。

今回だけやない。石原は言葉が本職であるにも関わらず、言葉の使い方が低俗すぎるのよ。
それが大問題。
【2007/11/05 00:59】 URL | 管理人 #GpT49UKE [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/344-8814f990

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。