_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【フジのやらせ27時間テレビ】 フジTVの伝えたかった「なまか」は、これだった!!
 
 
【2007/11/05 00:17】
 
 
今年フジテレビの27時間テレビ内で行われた「ハッピー筋斗雲」。孫悟空に扮した香取慎吾とゲストが「ハッピーサプライズ」を仕掛けて一般人を喜ばせるというもので、そのうちのひとつが江原啓之の“素人スピリチュアル・カウンセリング企画”だった。

そこで霊視を受けることになった美容院経営のAさん(50歳女性)。
選ばれた理由は善意のボランティア活動であった。Aさんは父の死後、美容院と同時に10年以上リンゴ園を経営。'04年には新潟県中越地震の被災地の子供たちに、'06年にはイジメで悩んでいる学校などに向けて、リンゴと手紙を送っている。

しかし番組は、そんなAさんに悩みがあるのだとナレーションで提起する。
<リンゴ園の経費がかさみ、肝心の美容院の経営が苦しくなってきたのです。
こんなとき、お父さんが生きていれば何て言ってくれるだろうか>

そんなAさんを心配した美容院スタッフの手紙により、香取慎吾が立ち上がるという“体裁”で番組は進行する。そしてAさんに、次のような“ドッキリ作戦”を決行するのだ。

①「講演会の依頼が来た」とウソをつき、Aさんを東京に呼び出す。
②何も知らないAさんの前に、講演会の司会だと言って香取が登場。有名人との思わぬ遭遇にAさん喜ぶ。
③かつてAさんからリンゴを送られた被災者たちも駆けつけていて、Aさんを大拍手で迎える。
④香取が、講演会はウソだと暴露。江原が登場し、亡くなったAさんの父親の声を聞かせる。


無論Aさんは、江原に“霊視”されることなど知る由もなかった。

「ウソ講演会」の収録参加者が明かす。
「江原さんが出てくるまでは、大拍手にAさんが涙するなど文字通り“ハッピーサプライズ”だったんですが…」問題はその後だった。
「突然現れた江原さんが、『亡くなったお父さんが、このままでは
お店が大変なことになると言ってます』なんてAさんの慈善活動を侮辱するようなことを言い始めたんです。」

江原の説教の要旨は単純だ。
「ハッキリ言ってごめんなさいね、お父さん自身も守護霊さんもおっしゃってるから言うんだけど、Aさんが悪い。下手なの」──Aさんは美容院の経営をおろそかにしてボランティアに熱を上げ、自分ばかり喜んでいる。それでは美容院スタッフにも迷惑がかかり、「“両方の車輪”がうまく回っていない」と江原は言うのだ。

そして最後に、江原の話に目を潤ませているようなAさんを映し出し、<亡き父のメッセージによって心の迷いが晴れたAさんに、いつもの笑顔が戻りました>

しかし、実はこれ、大ウソなのである。まず、Aさんの美容院は決して経営難ではない。デタラメな霊視に笑顔になるどころかAさんは憤慨、江原を睨み反論するが、番組ではその場面は一切カットされ、リンゴをもらった人たちの感謝の拍手に涙したAさんを、江原の言葉に涙したかのようにつなぎ合わせている。

Aさんは番組放送後、地元で「経営難の美容院」と囁かれ、人間関係もギクシャク…。いわば全国ネットで人格を全否定されたようなものだが、テレビを見た人たちにはそんな事情など分からない。
リンゴを送ってもらった被災男性は「Aさんが出るというので見たんですが、経営が危うい状態でリンゴを送ってもらったと思うと悪くって…」

重ねて言うが、Aさんは望んで江原の霊視を受けたわけではないし、「経営難」という江原の主張も全くの虚偽である。
さらに取材を進めると、制作手法にも多くの問題点があることが判明した。
Aさんの関係者を参加させるためにAさんが誹謗中傷され落ち込んでいるので、励ますために来て欲しい」とウソをつき、さらに観客の半分以上はサクラだった。元をただせば、美容院のスタッフが出したという手紙も実は“ヤラセ”だったのだ。江原のデタラメな霊視とフジテレビのヤラセが、一体どれだけ多くの一般人の気持ちを踏みにじったことだろう。

フジテレビに取材すると、Aさんに注目したのは番組側のリサーチによることを認めた。そして、番組側が書いた手紙を美容院側が送るという形をとったのはヤラセではなく“演出である”と開き直っている。
またサクラの存在についても認め、Aさんの心情を害したことについては「27時間テレビその後SP」で納得いただいたと言い切るのだ。

実はこの“問題番組”に対してはBPO(放送倫理・番組向上機構)が重大な関心を寄せており、すでに関係者のヒアリングも始まっている。
「BPOが調査を始めたと知ったフジテレビは血相を変えAさんに謝罪、『その後SP』で手の平を返したようにAさんの慈善活動の素晴らしさを喧伝しましたが、あれが彼らの誠意なのでしょうか。11月9日の放送倫理検証委員会では、この件について何らかの議論があるはずです」

http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG6/20071031/95/


渡辺さんのブログから抜粋
私は突然の嵐で、何もかもが見えなくなってしまい人を恨んだり憎んだりもしました。私は自分自身さえ見失ってしまい苦しんで苦しんで・・そして知ることが出来た・・・私達人間の心の弱さを。
皆、同じ人間。だから私は人を許すことが出来ました。
全貌は週刊文春さんが詳しく調べていました。・・早いものですね。驚きました。また記事を読んで改めて私は沢山の人を巻き込んでしまったんだ・・と思い知りました。辛かった3ヶ月間・・乗り越えていきます。
また倫理委員会のみなさんが今後二度と同じ事が起こらないよう審議をして下さいます。私はこれで終わりに出来たらと・・心から願っています。

また,Aさんの霊視があたっているかどうかは・・・・私には見えないから解りません。
私は父が生きている時に残してくれた言葉を大事にしています。親の声は天国から聞くのではなく生きているうちに沢山、沢山聞いておく事だと思っています。
以上。

ブログ
http://blog.livedoor.jp/juurouringo/archives/2007-11.html

十郎りんごHP
http://www.akitanet.jp/juro/osirase20071031.html

これ、リアルタイムで観たよ。

今年の27時間テレビ、「なまか」でしょw
散々、ここで「今年の27時間テレビ」はありえなかったと言ったが、追い討ちをかけるように出てきたね。
http://emocchi.blog60.fc2.com/blog-date-20070731.html
くだらねー映画の宣伝を27時間もしやがって。
ただ単に「なまか」と言いたいだけに27時間グダグダやってた気がする。

散々、27時間テレビの悪口はその時にブログで書いたから今日はまぁ、いいや。ところで今年の流行語に「なまか」はエントリーしたのでしょうかw

「なまか(失笑)」でエントリーしてくれないかなw


あぁ、もうどうでもいいや。また、脱線しそう。
それより、「またスピリチュアルか!!!」「またヤラセか!!!」

日本民間放送連盟 放送基準 第8章
(54) 占い、運勢判断およびこれに類するものは、断定したり、無理に信じさせたりするような取り扱いはしない。
現代人の良識から見て非科学的な迷信や、これに類する人相、手相、骨相、印相、家相、墓相、風水、運命・運勢鑑定、霊感、霊能等を取り上げる場合は、これを肯定的に取り扱わない。
ただし、伝説を取り上げるのはさしつかえないが、その場合、誤解のないように注意する。
http://www.mro.co.jp/mro-info/8hyogenjo.html


細木、美輪、江原っつーのをテレビに出している時点で、完全に違反してるやんか。


スピリチュアル、NLP、カラーセラピー、霊感なんてものは、テレビで取り扱うのやめや。こんなに「やらせ」「捏造・偽造」「八百長」が問題になっているこの時期になってもまだやるか?

スピリチュアルにしてもNLPにしてもカラーセラピーにしても、この類の商法ってこの↓うちのどれか
1.誰にでも当てはまるような、当たり障りの無いことを答える。

2.探りを入れながら答える。

3.事前にリサーチした情報から答える。



江原のやっているスピリチュアルなんて、霊を取り扱っているから更にタチが悪い。
・守護霊と意志疎通ができ、人の前世を解き明かせる
・オーラが見える
・女性の部屋さえ覗き見ることが出来る
・気がむけば地球を宇宙から眺めて楽しむ
・今は亡き人の思いを感じ取り、そのメッセージを伝えることができる
・この世を訪れた両親の霊と共に幽体離脱して何度もあの世に行き来している
・病気、体の調子が悪い箇所が見え、ヒーリング能力もある
・前世に限らず、数日前・数年前といった過去も見える
・自分の体に霊を降霊・憑依させて会話できる
・携帯電話に触れただけで、持ち主の日頃の会話内容を言い当てることができる
・動物と会話(意思疎通)ができる
・人の寿命、死期が分かる


img56fcee10w7hh63.jpeg

03_02.jpg

↑なにこれw

完全に死者への冒涜。
いや、生きている人の命への冒涜でもある。

こんなんが許されるんかいな。

今回の件で被害にあった渡邊さんなんて可哀相すぎる。裁判したら勝てるんちゃうかな、という内容。
江原なんかに何の関心も無いのに、勝手に相談者に仕立て上げられ、更に編集によってまるで江原信者であるかのように放送されたわけで。
全く経営難でもない事業を「経営難」「あなたが悪い」なんて言われて。
俺やったら、ブチギレして即帰りやけどなぁ。

まぁ、一番知能が低いのは、こんな超能力を本当に存在すると信じている視聴者だけどねw



あ、でも男性諸君!!
初対面の女性の前では、信じているフリをするように!!

その方が無難ですよ。

あまり「科学的根拠」とか「オカルト社会」なんてグダグダ面白くない話をし始めると、俺みたいに女性から嫌われるよw

だから俺、↓これ信じてるよw
B9BEB8B6B7BCC7B7.gif


やっぱり江原は、「大悪人」ってことかw
スポンサーサイト

テーマ:フジテレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/345-8c09db52

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。