_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
終了のお知らせです。
 
 
【2007/11/29 00:13】
 
 
昨日のブログでのコメントのやりとり。

帰ってきてみれば、またコメントが増えてますね…。

いやぁ、こんなにブログを見てくれている方がいらっしゃるとは、、思ってもみませんでした。

アクセス解析ですが、今はほとんどやってません(何かいきなりアクセス数が増えていた時に使用する程度です)。
アクセス解析を行えば何が表示されるか?

・初回訪問日
・前回アクセス日時
・今回アクセス日時
・トータル訪問回数


これらが表示されるんですね。
初回訪問日が、2006年8~9月(ブログ開始が2006年7末)という方が何名かいらっしゃり(知り合い以外で)、その方とは一度お話をしてみたいと思ってました。

ポケモンさん。「24時間テレビ」って2006年のですよね?
本当に勇気をだしてコメントをして頂き、ありがとうございます。ポケモンさんのアクセスが数ヶ月で辞めようと思っていたブログを続けさせる活力になっていたのですよ。私のことを長く見て頂いた方からのお言葉で、深く心に響きました。

もう一名、深く感謝したい方がいらっしゃるのですが…。
是非是非、連絡頂けないでしょうか?ocnをプロバイダーとされている御方です…

それで…

え~、昨日のことです。これを触れずに次のブログのネタをアップするわけにはいかないと思い、敢えてこの場で記事を作ることにしました。

この事態の締めくくりとして私の見解を言わせてください。これについて賛否両論あるかと思います。しかし、これが私の「ブログに対する思い」ということで、ご納得して頂けたら幸いです。


私はですね、最初から彼と「まともに」議論するつもりはありませんでした。

逆に聞きます。

「まともに」議論する必要がありますか?

私は、このブログにおいて「マナー違反」「無差別的行為」「礼儀知らず」「悪」「アンフェア」、これらについて苦言を呈してきました。

それらについて「過激」な言い方をして自論を述べてきました。
その言い方が「礼儀がなっていない」と思われるのであれば、もうどうしようもありませんが…。この個人ブログを日記調で書くことだってできます。しかし、「過激」な言い方で表現することで、自分の「喜怒哀楽」の感情が一番伝わると思ったからです。

会って話すならば、丁重な口調で怒りを表現しても「表情」「声の大きさ」等で伝わるでしょう。しかしブログは文章です。

「すっげー腹立ちました!!」

と表現するのと

「ほんまこいつらアホか!!胸糞悪いわ、ボケ!!」

と表現するの。
どちらが怒りを伝えることができるでしょうか。

私は後者だと思い、敢えて「過激な言葉」を多様してきました。

今回。
先にも申しましたが、「礼儀知らず」に対して「まともな議論」をするつもりなんてありませんでした。

nさんのような内容もよく読まずに、批判することを目的で書き込みを行ったと思われても仕方がない「礼儀知らず」の人が一番嫌いなんですよ、私は。

よくいませんでした?学校に。
一生懸命頑張っている人を、何もしていない人(しようともできない人)が頭ごなしに
「あいつ頑張っても無駄なのにw」
「そんなことしても意味ないのに馬鹿だろw」

と影で笑う人。

そういう奴が嫌いなんですよ。
亀田にしても私、昔(一年前)のブログ記事では擁護してますよ。世界を獲るまで努力した人間を、していない人間が「八百長だ、八百長だ」と鼻で笑うなよ、と(その後の言動で、プロとしての自覚がないと思い批判に変わりましたが)。

いきなりやってきて、馬鹿にしていく。
これって、最低な行為です。マナー違反です。私のブログそのものを一喝するような馬鹿にしたコメント。横槍さんがおっしゃるように初対面で「傍観者気取り」「笑える(馬鹿にした意味での)」といった言葉は、普通使いませんよね。

そういった相手に対していつもの「悪い癖」と言いますか、このブログでの「悪」に対する叩き方を行ったのです。自分がされて嫌なことはするなよ、と

匿名性と思って好き放題できると思っているかもしれないが、IPアドレスからアクセス履歴まで全て記録に残っており、これを私がプロバイダーに提出することで、彼の今までネット上で行ってきたコメントが全て集計されます。今回の1件では何も問われないにしても、プロバイダーに提出することでもしも彼が常習犯と分かれば「犯罪者」となります。それくらいの危険性を知った上で「嫌がらせ」を行うのであれば、別に良いとは思います。

私のコメントの仕方に是非が問われることは分かっております。今回の場面では、今までのブログ記事と違って「相手とやりとり」している場面です。まさしく、相手を怒らせる言い方であり、相手が誰であれそれに不快に思われる方がいらっしゃるというのは理解できます。

nさんは、何一つ私が言いたいことを理解してくれませんでした。私のnさんのコメントに対する問いかけにも答えてくれませんでした。ただひたすら自論を述べるのみです。そして見当違いの後付けの理由を述べる。これでは議論しようともできません。
私は逃げも隠れもできませんが、相手は都合が悪くなったら逃げられる状況です。もうフェアでないこともいいこと。


客観的目線でコメントをくれた「お腹さん」
彼は、別館で設置している当ブログのゲーム(http://emocchi222.game.coocan.jp/hako_php/hako-main.php?まだ参加者募集中です!気軽にどうぞ!!)で一緒にプレーをする「仲間」です。このネットを通して知り合いになりました。彼のこと、私はよく知っています。私が知っているぶんだけ彼も私のことを知ってくれています。

彼とは一度、ふとした言葉の捉え違いで「言い合い」になったことあります。

だけど彼は良い奴ですね(同い年なんで「奴」扱いですが)w
ただ、自分でも言っているように自分の真意を言葉で表現するのが下手。それが原因で周りの誤解を生み、あらぬよからぬ方向に周りの人の感情を持っていってしまうことがあります。

基本的に私と考え方は似てますよ。
そんなお腹さんが、今回、流れとは逆行するコメントをしてくれました。
勇気を出してわざわざ争いの中に飛び込んでくれた彼にまずは感謝!
このブログを好きでいるからでこその行動。彼の発言内容は「傍観者」チックかもしれないけど、とった行動は「傍観者」ではない。

非常に有難いです。

彼が言いたいことはおそらく、「常連さんとnさん」の間で発生したやりとりは、「売り言葉に買い言葉」であり、どっちも擁護できない。と言いたいのでしょう。

※で、管理人以外の者

とありますから。

「私とnさん」のやりとりに対しては、喧嘩売ってきたnさんが悪いと前提とするものの、管理人の言葉も好まれたものではない。正論言っても、それじゃあ敵を作りかねない、賛同できない人を敢えて作ってしまう。

と言いたいのではないかと解釈してます。

それよりもっと先の真意にある部分は、このブログを守りたかった。いつも見ているブログで読者同士で言い争いになる光景を見たくなかった。だからちょっと待とう!!と第三者的な発言をしたのでは…そういったものもあるんじゃないかなぁ、と思っています。彼が私を擁護する発言をすることの方が簡単ですからね。

ただ、蛇足の部分に関しては、私は理解ができません。
「売り言葉に買い言葉」で発したと判断したやりとりの中で、ある片方のある一部分だけを正論として評価するのは違うのでないかと。その部分に関しては、お腹さんらしくないな、と思いましたけど…。



先ほど申したように、私が発したコメントの悪さについてはある程度自覚しております。意図的にやりましたし、確信犯ですから。それに是非が問われることも想定内とした上で、書込みしました。

しかし、それを読んで不快に思われた読者には謝罪致しますが、nさんに対してその言葉で応対したことを謝罪する気は今のところ全くありません。
いつも通りの言葉を使わせて頂ければ

糞くらえ

思っとりますよ。

それは順番が違うでしょ。

亀田が謝罪する前に内藤は謝罪する必要があるのでしょうか?
同じことです。

n氏に対しては、今後どうするかは未定です。
大きな問題にする程度ではない、と多くの方が思われていることは分かっています。しかしこれだけ匿名性による嫌がらせの書込みが社会問題化する中で、未だにこういうことを平然とする人物には言って聞かせても無駄だとも思っています。

かつのりが言うように常習犯であれば、それこそ犯罪者です。

これほど警告を行っているにも関わらず、その後彼からの連絡がないことが寂しいです。彼に亀田兄のことをとやかく言う資格なんてないですよ。

nさんに対してはこういう見解です。

私のコメントで不快を受けた読者の方々。

本当に申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。


以上です。


たくさんのコメントありがとうございました。1年半で、たくさんの方からブログを応援して頂けていると思い、管理人として感激でした。

言っておきますが、こんなことくらいでブログを今すぐにやめることはありませんよ。

今後も普段のスタイルに変化はありません。

悪には、自分の感情全てぶつけた表現します。
そして皮肉もいっぱい言うでしょう。影ながら応援してください。

最後に一言。

俺はなぁ、冷やかしコメントをしてきたnを批判したけど、コメント欄自体をもう誰も使用するな!

なんて言ってないからな!!

ちゃんとその辺は理解しろよ!!


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

お疲れさまでした。
「最後の一言」の痛烈な皮肉が、管理人さんらしくて笑えましたw
【2007/11/29 13:01】 URL | 35歳とある会社員 #.rEgMis2 [ 編集]


ひそやかにあなたのブログを楽しみにしているひとりです。
続けてくださいね。
【2007/11/29 21:03】 URL | #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/359-ecf4f708

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。