_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
友人の不倫を事細かに親身になって語る女子アナがいるらしい。
 
 
【2007/12/21 00:22】
 
 
フリーアナウンサー小林陽子さんが自身のブログで友人の不倫相手を暴露した。
 「既婚男性に結婚をエサにはめられ2回も流産」と明かし、「同じ女として絶対に許せない!」と怒りを爆発させた。そして、相手は出版社に勤務する男性で、特定できる会社名、職場、役職、イニシャルをブログに暴露してしまったものだから、ネット上で騒然となっている。

 小林さんはブログで2回その友人の体験談を書いている。1回目は12月17日付けでタイトルは「大人の恋の物語」。実際にあった残酷な話だと断り、かなりの長文が綴られている。内容は友人でタレントのA子が結婚10年になる男性と不倫関係になり、妊娠。しかし、生活が多忙なことと、彼氏の離婚がなかなか決まらないストレスもあって流産。A子が彼氏に「本当に離婚する気があるのか」と問い詰めると「もちろん」という返事があった。再び妊娠し、彼氏は「産んでいいよ」と言ったが、A子は体が弱いためにまた流産してしまう。

 彼氏の仕事が忙しくなり、A子は別れを切り出すが、彼氏は、「いやだ。A子とは別れたくない」と拒む。その一ヵ月後、A子が彼氏に電話してもつながらなくなり、思い切って自宅に電話したところ、彼氏の奥さんが電話に出て、生まれたての赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきた。
 赤ちゃんは、彼氏とその妻の間に人工授精で生まれた子供。A子は、子供が生まれるまでの10ヶ月間、何も知らされていなかったことに絶望。2人の関係は終わった、などと書いている。

 1回目を読む限りは、「ケータイ小説」のようでもあり、ホントの話しだったかどうか全くわからないのだが、このブログに相当数のコメントが来たようで、小林さんはそうしたコメントに感謝し、翌日に「償い」と題した続編を書いた。

 書いているうちに、A子の不倫相手に対する怒りが収まらなくなったようで、「自分だけの性欲や快楽を楽しむためにA子に近づき、避妊もしないで簡単に身ごもらせて、『じゃあね』で済ます男は最低です。同じ女として絶対に許せません!」「『妻とは子供ももうできない』とか、『A子と結婚して、子供を作りたい』など、はめてA子をだましたのは、●です」
そして、A子の不倫相手が特定できるような会社名、所属、役職、イニシャルを書いてしまった。
 「罪を償ってください。A子のためにも、空へ飛んで行った2つの胎児にも・・・。悲しすぎる話です」と結んだ。

 「2ちゃんねる」にもスレッドが立ち議論が展開されているが、そもそもこのブログの内容は事実なのか。J-CASTニュースは、ブログに書かれているA子の不倫相手とされる男性の会社に電話してみた。電話に出た男性は「お待ちください」と快く電話を当人に回そうとしてくれたが、保留の音楽が流れる途中で、突然電話が切られた。再度電話すると、不機嫌そうな声で女性が電話に出て、「外出中です。いつ帰るかわからない」と話した。

 小林さんの所属事務所セントフォースに取材すると、事務所の担当者は小林さんのブログは読んでいないものの、「不適切なものがブログにあったのは認識しています」ということだった。
 「アメブロ」を運営するサイバーエージェントからの指摘もあり、07年12月18日の夕方、小林さんのブログの記事を削除したのだという。そして、「ブログの再開は白紙です。今後のタレント活動もどうすべきか検討している最中です」ということだった。(以上、一部略)
http://www.j-cast.com/2007/12/19014781.html

問題のブログ記事の魚拓

http://s03.megalodon.jp/2007-1218-1840-24/ameblo.jp/kobayashi-yoko/

キャッシュで見れます。
小林陽子 検索結果

A子=小林本人説が推測される、過去のブログ記述多数。

2007年05月04日
Q)結婚が、また遠のいた。  ……はい。 タイトル通り、また遠のきました。 実は、きのう大切なあるものを失いまして……。
お陰で、今日は目がパンパン。 (中略)大好きだけど、「好き」だけじゃどうにもならない
現実ってあるんですよね。お互いの環境であったり、生活レベルであったり、どうしょうもない制限であったり……。
それが辛くなってしまっただけなんです。 恋愛と結婚の違いって多分そこなのかな。
今回の出来事、私から言い出したことなのに、何度も後悔しました。けれど、そのまま続行しました。
そして、泣きました。。。 あ~ぁ、 (UQ


2007年08月08日
でもさ、ぶっちゃけデキ婚は大賛成なの。 むしろ私もそうでありたい。 人生こそギャンブル。
自然の流れに乗れてれば、それでいいって感覚だからかな。 別に保護しなくたっていいんじゃないか?
と思うわけ。出来ないときは出来ないし、出来るときは縁があるとき。
なんだか無計画な感じもするけれど、昔の人はみんなこうだったんだろーから。

2007年08月31日
しばらく・・・ごめんね。 テーマ:プライベート。
人生、山あり谷ありですね。辛いことがあったので、元気になるまでブログを少しオヤスミします。。。

2007年09月07日
Q)やっぱり・・・ 忘れられないあの人のこと。 だから占いであの人についてが知りたい・・・。
私とあの人はもう一度くっつくことがあるかどうか・・・
(中略)タロットで一発勝負してもいいよね。 私、 賭けた思いでカードを引きました…… 結果は……。
行きます!復活を狙いに。(中略)やれるところまでやって後悔のないように話してきます。
だから、 見守っててください。本当にどうなるか分からないけど、心から愛してしまったので。

9月8日(A子本人説の有力根拠。削除された)
Q)私のブログによく出てくるあの人ってのは、実は付き合っているとき 友だちにも会わせたことないんですよ。(中略)
38歳の音楽関係系で、眼鏡かけてて,髪の毛ボーボー。いつも汗臭くて、 信じられないほど楽天家。
よれよれのTシャツがお気に入りで、 容姿はABCで言ったら、B。休みもほとんどないから、あまり逢ってくれないし・・・。



まとめると…

・小林アナには「あの人」と書く彼がいた。
・あの人は音楽関係の仕事をする38歳。
・でき婚大賛成。人生はギャンブル。
・「結婚が遠のいた。今日大切なモノを失った。何度も後悔し泣いた」←これって堕胎?
・8月に別れ、その後も未練がある



で、A子と小林アナを照らし合わせて考えて

結局、A子って誰よw


A子は、被害者面をしようが、法律的には不法な不貞行為をした者になるわけで男性の奥さんから慰謝料請求される立場。


1%も正しいことはない。


よくも堂々と・・・。

ただ、男性の方が本当に結婚を匂わせていたのであれば、男性にも非があるものの、A子の罪がそれによって軽くなるわけでもないでしょ。

自分のやったことの重大さをよく考えたほうがいい。
相手を「社会的に」貶めるような言動には厳しい罰が科せられるのは常識。

う~ん、しかしガッカリだなぁ。

アナウンサーの値打ちがドンドン下がっていくように思われ。

そもそもなぁ。


不倫する男に誠意を求める時点で間違ってますから~!!

残念!!

(あれ、、、どこかで聞き覚えのあるフレーズだ・・・)
スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
同感!
おっ!?
連日更新ですね!体調崩さないようにネ☆

やっぱり「A子=小林アナ」?

ちなみに同じ「小林アナ」なら、私は
「小林麻耶アナ」or「小林麻央アナ」がいい・・・
【2007/12/21 01:35】 URL | とび #LkZag.iM [ 編集]


とびさん、まいどありがとうございます。

体調の方は、よくはないものの、薬飲み始めよりかはかなりよくなった感じです。

ブログの方は、かなり適当にやってますし、大丈夫です(実際に30分くらいで終わらせていますので、内容はしょぼいです、はいw)。

それよか、準備も整いましたし、箱庭そろそろ本気だそうかとwははw
【2007/12/21 23:58】 URL | 管理人 #GpT49UKE [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/367-38f1f152

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。