_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
<裸祭りポスター>JR東が「待った」…女性が不快感 ←女性に限らず・・・でした・・・
 
 
【2008/01/10 00:09】
 
 
 岩手県奥州市の黒石(こくせき)寺で繰り広げられる伝統行事、蘇民祭(そみんさい)の観光ポスターを市が駅構内に掲示しようとしたところ、JR東日本から待ったがかかった。「男性の裸に不快感を覚える客が多い」というのが理由だ。数十年作製しているポスターの掲示拒否は初めてで、市は枚数を200枚減らして1400枚とし、駅で張れない分は市内や首都圏で張るという。

 祭りは、市内水沢区黒石の寺で裸の男衆が蘇民袋の争奪戦を繰り広げる。疫病よけや五穀豊穣(ほうじょう)などを願い1000年以上続くとされる。今年は2月13日夜~14日未明を予定している。

 ポスターは写真3枚を組み合わせ、ひげ面で胸毛の男性がアップに、奥に下帯姿の男性たちを配している。

 昨年11月30日に市がJR東日本盛岡支社に許可を求めた。JR側は本社の判断を仰ぎ、12月3日に図柄を変えない限り掲示できないと通知した。市は下帯など一部修正をしたものの、版下がほぼ完成しJRが求める図柄の全面変更は困難だった。

 JR東日本盛岡支社の佐藤英喜・販売促進課副課長は「セクハラが問題になる中、公共の場でのポスター掲示の基準は厳しくなっている」と説明する。そのうえで「単純に裸がダメというわけではないが、胸毛などに特に女性が不快に感じる図柄で、見たくないものを見せるのはセクハラ」と判断したという。

 奥州市水沢総合支所の佐々木禅(ゆずる)商工観光課長は「市と業者とで図柄を決めた後(の掲示拒否)で、日程的にも変更はできなかった」としたうえで「観光客が減るかもしれないが、市内に集中的に張ったり、首都圏の観光施設に掲示をお願いしたりして祭りを盛り上げたい」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000012-mai-soci
99.jpg

100.jpg



101.jpg

102.jpg


そうやねぇwww

このニュースを見た時、

「すぐになんでもかんでもセクハラ、セクハラぬかすな!!女ども!!」
って書いたろ思った。。。

しかし・・・。

これは・・・

セクハラと言う言葉は適切ではないと思うけど、「不快」と思われても仕方がないような・・・。

なんでこのショットを選んだんだろうw

この人自身のことを不快というのではなく、この表情、胸毛、ヒゲ…とバランスというかなんというか…。
このショットを選んだ奴が悪いやろw
bc8e9747.jpg


このじぃさんの感覚がおかしい。
バックに変なコケシが並べられているしw
製作途中に誰も、反対意見出なかったのか…。このポスター見て、この祭りに参加してみたいと思う奴なんて、あまりいないような…。

後ろで数珠繋ぎしている男どもはもう、なんのフォローもできないわけで。。。

つーか、、、これホモ祭りだろw
ed345fc3.jpg

103.jpg


おかしいやんw

「蘇民祭」で検索すれば↓こんなんあるしw

一昨年までは全裸もOKだったことから、露出狂や同性愛者が多数押しかけ、一時は全裸者の大半が“ソノ筋”となり、神を冒涜(ぼうとく)する行為も目に余ったため、現在は全裸禁止となっている。

このポスター見た限りだと、あのヒゲヅラの佐藤さんだけじゃなく、、、全体的にホモ系統なわけで・・・。女性の見物客は何を見に行くのかも疑問に感じてしまう。。。女性も行きづらいわ。

平成18年のポスター
104.jpg


平成19年のポスター
105.jpg


なんで昨年までは普通で、今年はこれなんだ・・・。


で、今日のニュースに↓・・・

「セクハラと言うけど、たまたま体毛が濃かっただけ…」 JRが掲載を拒否した「蘇民祭」ポスターの“胸毛男”、今の心境を語る

岩手県奥州市の黒石寺で2月に行われる裸祭り「蘇民祭」の観光ポスターについて、JR東日本が掲示を取りやめた。上半身裸のたくましい胸毛の男性がモデルとして登場するが、JR東では「胸毛など特に女性が不快に感じる図柄で、見たくないものを見せるのはセクハラ」と判断した。ただ、男性にとっては1年間待ち続けた、一生に一度あるかないかの晴れ舞台。地元の注目度も
最高潮だったが、ご本人はいたって冷静だった。

「一人がイヤだと思えばセクハラになってしまう世の中ですから、仕方がないんですかね」

モデルとなった奥州市に住む会社員、佐藤真治さん(38)はそう話す。祭りに20年以上参加しているベテランで、現在は世話人も兼務する。写真は昨年、必死の思いで勝ち取った蘇民袋を手に歓喜の雄たけびを上げた瞬間で、いつ撮影されたかは覚えていないという。

今年のポスターに採用されたことで、地元では羨望(せんぼう)のまなざしを受けていた。期待も高かっただけに、ちょっぴり恨み節も出る。

「いまだに正式な連絡は一切なく、友人から『お前の裸がインターネットで話題になってるぞ』と知らされただけです。セクハラといいますけど、何と言っても親からもらった大切な体で、たまたま体毛が濃かっただけなんですよ。ヒゲだって自分の意志で伸ばしているだけ。胸毛や体毛が少ない人は、見た目が良いからエラいということなんでしょうかね」

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_01/t2008010910_all.html


いやいや、、、佐藤さん違うよ。。。
これ↓はいい。これを否定しているわけではない。
100.jpg


これ↓だぞ。
18b37eab.jpg



俺なら悪いけど、この顔の写真をポスターとして採用すると言われたら断る。もっと違う写真を選んでくれと。

>>必死の思いで勝ち取った蘇民袋を手に歓喜の雄たけびを上げた瞬間で、
>>いつ撮影されたかは覚えていないという。

いや、、、撮影されたのは見ての通り雄たけびをあげた瞬間ですよw

>>一人がイヤだと思えばセクハラになってしまう世の中ですから、
いや、、、一人じゃないと思う…。

別にこう↓なれとは誰も言ってない。
107.jpg


まぁ、でもなんでもかんでも「セクハラ」なんて言葉を簡単に使ってはいかんと思うけどね。すぐに「セクハラ」と多用する女性は嫌いですねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/373-c15bc107

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。