_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
橋下府知事「二度とNHKには出ない」
 
 
【2008/02/11 02:52】
 
 
大阪府の橋下徹知事は9日、8日に生出演したNHKの番組で司会の女性アナウンサーから「遅刻」と指摘されたことを挙げ、「当初から間に合わないと伝えていた」「(上京の公務を)切り上げてでも番組に出ろと強硬に言ってきた」とNHKへの不信感を口にした。報道陣に答えたもので、今後も取材には応じるが、「(NHKの)スタジオには一切行かない」と宣言した。

番組は8日午後7時半から関西で放送された「かんさい特集」。橋下知事は同日、東京で政党などへのあいさつ回りを終えて帰阪し、同8時ごろにスタジオ入り。司会から「30分の遅刻で到着されました」と紹介され、「遅刻は僕の責任じゃない。(公務で冒頭から)来れませんと再三、言っていた」と反論していた。

9日の予算協議を終えた橋下知事は、NHK側から番組前後にあいさつやねぎらいの言葉がなかったとして「黙っていても金が入ってくる組織はこんなもの。民間企業はあんな態度をとらない」と語った。NHK大阪放送局広報部は「司会の発言は場を和ませようとしたもの。終了後、複数の幹部からねぎらいの言葉はかけさせていただいている」としている。
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080210p101.htm


藤井彩子(1969年8月23日生)NHKアナウンサー
東京都新宿区出身。大阪府立北野高等学校、青山学院大学文学部卒業。

橋下徹(1969年6月29日生)大阪府知事
東京都渋谷区出身。大阪府立北野高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。


高校の同級生やんw

まぁ、でもそんなの関係ねぇ!!(←そういえば、、、最近見なくなってきた・・・)

これって、NHKだから橋下氏も怒ったんやろうけど。
もしも爆笑問題の太田が

「橋下さん、遅刻じゃないですかw」
って言っても全然、怒りそうもないけど。
つか、いつかネタで言いそうな気がするしw

いや、しかし遅刻うんぬんの発言よりも、終始このアナウンサーは常識を欠いた質問だったように思う。相槌の打ち方や、ポロっと出てくる一言がなんか相手をカチンとさせるような物言い。

確かに府知事に対してだから鋭い質問する必要はある。
それは分かる。
しかし、それを差っぴいてもあの受け答えはない。



>>「黙っていても金が入ってくる組織はこんなもの。民間企業はあんな態度をとらない」

これやね。
俺は、ほんとにねぇ、、、ここで何度も言っているように公務員が苦手
嫌いというか、苦手。考え方が合わない(公務員全員が全員ではなく『一般的に』です)。

実は俺には、姉ちゃんがいるんです。
俺って末っ子なんですよ(意外?やっぱり?)。

その姉貴が一昨年、市役所勤めの公務員と結婚しよったw
「まじかよ・・・」
思ったけど、公務員と言ってもピンからキリまでいるし、その人は良い人なんだろうなと思った。

勿論のこと結婚式に参加しました。
姉貴とはほとんど話さないし、そんなに仲良しの間柄でもないので参加したくなかったのですが、さすがに常識的に…参加しましたw


いやぁ、びっくりした。

結婚式って、主役は勿論のこと当事者二人でしょ。
それが違ったんですw

姉貴の会社は民間で、姉貴の招待した主賓の偉いさんは親族にきちんと挨拶をするわ、控えめな祝辞、立場をわきまえた礼儀…。全てにおいて感じが良かった。良い会社で、良い上司の下で働いているのだと感じさせてくれた。

一方で、公務員の席だけ異様な雰囲気。
市長が来てたのだが、公務員は市長を持ち上げる持ち上げる。市長の親父ギャグに対して大きなリアクション、市長の祝辞を大絶賛、そして歌まで歌わせる。一曲終わったかと思ったら「アンコール」の声。それに乗せられて市長は3曲も演歌を熱唱。盛り上がってるのは、公務員の席だけ。


もう主役は市長
とにかく市長を持ち上げる場。同僚に負けじとやれ先にと市長をおだてる。


なんなんだ、これは一体。
姉貴の友達も、うちの親族も口をそろえて言った。
「主役は市長だったね…」
と。

市役所の公務員ってこういう傾向になりがちと思う。
民間の多くが、実力で昇進を勝ち取るのに対して、お役所はどうしても「コネ」という言葉が出てくる。もちろん民間にもあるが、お役所ほど割合は大きくないように思う。
周りに対する気遣いに対しては、民間人とはかけ離れた世界がある。


これを読んでる公務員の方は、気を悪くすると思う。全員が全員そうではないというのは分かってる。しかし、お客様あっての民間人とは感覚が違うのは明らか。

橋下氏の言うように、民間人からしたら
「黙っていても金が入ってくる組織はこんなもの。」
この言葉がすごくしっくりくるのよ。


「別に民間人と同じ感覚が正しいわけではないだろ」
そんな言葉がとんでくるやろう。

しかしやね、この社会の経済を支えているのは、お客様第一思考の民間企業。
どっちが偉いか比べているわけではない。どんな社会においても全て「人対人」。いつどんな場面でもそういった感覚を忘れてはならないって、そう思う。


もう一回言う。
公務員「だから」じゃない。人と接する時は礼儀。人と接する場面が仕事においてあるなら尚更そう。お客様思考の強い公務員は、今までほとんど見たことがない。上司にはおべんちゃらを使うが、お客様に対しては上司に対する気遣いよりも下。

公務員はそういう傾向が大きいと思うのです。


今日も最後にガチンコで使われていたあの曲でw

HAMMER FALLの「GLORY TO THE BRAVE」
スポンサーサイト

テーマ:政治のニュース - ジャンル:ニュース

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/387-57bc156e

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。