_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
3/30 旅路
 
 
【2008/04/03 01:14】
 
 
3/30

起きたのは、連れからの度重なる電話とメールだった。

時計を見ると午後12時。

「やべっ・・・」

急いで支度をして、新大阪駅に向かった。
200803301334000.jpg


これは、間に合わない・・・。やばい・・・。

東京駅に着いたのは16時10分。こっから、、、どうやって行くんだ・・・。
新幹線に乗っている間も、連れから度重なる『嫌味』のメールで携帯の電池は1つに・・・。ここで電池切れになったらシャレならん。携帯の電池を切って、ひたすら目的地を目指した。

16時45分

ついた・・・。
200803301645000.jpg


ここは・・・
200803301654000.jpg

Σ(゜ロ゜;)




そうです!!行ってきました!!はじけてきました!!
ポスター





X JAPANは、3日間の東京ドームを駆け抜けた。24分の遅れで開始された~創造の夜~、3時間45分に及ぶ全13曲は、数え切れない涙と押し寄せる感動のウェーブに包まれた。

「Tears」「RUSTY NAIL」「WEEK END」と怒涛のように繰り広げられるエネルギーの塊と驚異的な伸びやかなTOSHIの声、そして完璧に同調したhideの存在…「RUSTY NAIL」のギターソロ、「WEEK END」のコーラスなど、そこにはhideのオーラが渦巻いていた。

まさかの「オルガスム」、腹から声出せぇー!のTOSHI節も健在、そして5万人の大合唱「ENDLESS RAIN」、鳥肌が立ちまくる「WORLD ANTHEM」から「X」での5万人Xジャンプ、ホログラムでよみがえった「ART OF LIFE」でのhide、「Say Anything」をBGMにhideのぬいぐるみとともにメンバーが手をつないでの“万歳10連発”…

TOSHIは「また会おうな!それまで元気でな!」と約束をしてくれた。ホログラムが少しずつ消えていき、降臨したhideが再び旅立っていく…。

X JAPANに予定調和はない。ひとつひとつの階段を上がることしか、X JAPANの行く末をうらなう手段はない。今回フランスでの公演がアナウンスされたが、これも初日28日~破壊の夜~を終えて、そのときに感じた「これならいける」というYOSHIKIの直感が、その場でOKを出させたことで決定したものだ。

モンスターX JAPANが、21世紀に入りどのような活動を行なうのか、どのような進化を遂げるのか、それはYOSHIKIにも分からない。ただ、伝説は今も生きており、その鼓動は想像を絶するエネルギーを内包していることだけは、15万人の前で明らかになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000959-bark-musi


曲順

1.Tears

2.Risty Nail

3.Week End

4.Pata's solo & Heath's solo

5.Hideの部屋

6.Forever Love(アコースティックバージョン)

7.Yoshiki's piano solo

8.Without you

9.I.V.

10.紅

11.オルガスム


アンコール
1.Violet Uk

2.Yoshiki's Drams solo

3.Endless Rain

4.X

5.Art Of Life

グランドフィナーレ(Say Anything 、Forever Love)




初日に2時間半の遅刻で始まって、わずか8曲、2時間で終わったということで、本当に心配していました。

「1万2千円も払っとんのやで・・・そらないやろ・・・」

と。
しかし、俺が行ったのは公演最終日。

そんな不安を消し去ってくれました。

やってくれました!!

約4時間の充実した公演!!

これが1万2千なら安い!!


そういう思いに変わりましたね。
久しぶりに興奮しました。

「かつのり(偽名)」っていう俺の高校時代からの友達(このブログを長い間見てくださっている方にはお分かりかもしれませんが、そうあの「妄想男」ですw)と一緒に行ったのですが、彼も昔からのXファン。ファン歴は俺よりも長いんですね。

最初に名曲バラード「Tears」から始まるんです。

(↑誰だw盗み撮りしたのwこれはすぐに消されるw)

うぉぉぉぉぉぉ~!!

久々に聴く、Toshiの生声にまずは感動。
そして、大画面モニターに一人一人メンバーが映し出され、、、最後にHideの映像も。

こ、これは泣ける!!

俺の左隣にいた、かつのりの友達を見ると、眼鏡ごしに涙が・・・。

やっぱり俺だけやないんや、泣けるのは。。。

ちょっと待てよ。。。もしや!!

いや、さすがになぁ。さすがにかつのりさんは、泣かないでしょ。
まさか、ラグビー部の最終試合で敗退した時に、みんな泣きっ面の時に一人ニヤニヤ笑ってたかつのりさんが、ここでは泣くことなんてないよ、さすがにね。泣いてたら、ありえへんから。

と、思いながらおそるおそる右隣にいたかつのりをそっと見ると、
「うわっ!!こいつ泣いてる!!必死にこらえてるけど間違いなく泣いてる!!」

あ~あw


まぁ、こんな形で復活があるなんて夢の夢だったから、ファンだったら誰しも嬉しくて感動しますけどね。


面白かったのが、もうこのコンサートのDVD発売がほぼ決定してるんですよ。
初日は、ほとんど未消化のライブ。
二日目も2時間半。

この状態ではDVDにはちょっと・・・っていう状態。
だからかどうかわからへんけども、最終日に帳尻合わせで、完璧なライブを作り上げたんですw

色んなライブに行ったことあるんですけど、普通途中から盛り上がってきた時に、曲の連続投下するやないですか。休みなく連続的に。
Xってあれが少ないんです。一曲終わったら、休憩。しばらくして出てきてまた一曲終わったら休憩(YOSHIKIの激しいドラムによる体力消耗が一番の理由だと思いますが)。

しかし、今回は違いましたw
連続連続、またかまたか。4時間、ほぼずっと観客は立ちっぱなし。観客に休む暇なんて与えない。

いや、ほんとに凄く中身の濃いライブでした。
このライブなら素晴らしいDVDができると思いますYOw

今回のDVDのシナリオは分かってます。

10年前のラストライブでこんな↓シーンがありました。


また、全く同じシーンがあるんです。
YOSHIKIがドラムソロを終えて、フラフラになりながら中央花道を歩いて行くんです。その先にTOSHIがいて、ゆっくりとTOSHIに歩み寄って行き、抱擁。

違うのは、今回はYOSHIKIがピースしながら笑顔でTOSHIと抱き合うんです。

おそらくねぇ、このシーンが一番のメインになるんやないかと。

こんなナレーションが入るんやないかと。

「10年前、涙で抱き合った二人(ラストライブの映像挿入)・・・10年後、同じ場所で笑顔で抱き合った(今回のライブの映像挿入)」



と、まぁ3日経った今でも、一人興奮冷め止まぬって感じです。

なにやらゴールデンウィークに今度は「HIDE10周忌」と題してやるみたいです。

一緒に行った4人とも口を揃えて言った。
「それは、もういいわw」

別にお金をケチってるわけでも、ライブが面白くなかったからではないです。
今回のライブで十分に満たされてお腹いっぱいになったんです。
おいしいもの食べて、お腹いっぱいになった時に、いくらおいしい物でも食べる気がなくなる感覚ですね。

しばらくは余韻に浸っていたいな、そんな気持ちです。


再結成してくれたことに感謝。名曲を聴かせてくれたことに感謝。

そして、チケットを取ってくれたかつのりに感謝。

では。
スポンサーサイト

テーマ:X JAPAN - ジャンル:音楽

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

コンサート、楽しめてよかったですね。
昔は4時間なんか考えられませんでした。外タレなんて1時間~1時間半の公演がアタリマエでしたよ。それ考えるとものすごく羨ましいです・・・。
でもドームだと出待ち入り待ち無理そうですよねえ。それだけがほんのちょっと残念でしたね。
(東京入りだけですでにいっぱいいっぱいみたいでしたけど)
【2008/04/06 12:29】 URL | モリィ #GCA3nAmE [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/401-4a1a3115

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。