_| ̄|○<ブログ始めるダッテサ・・・ショボ杉
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
とても遠いところから、手紙が届きました。
 
 
【2008/06/30 20:00】
 
 
ビックリする人から手紙が届きました。

誰だと思います?

芸能人?

読者?

昔の彼女?

違います・・・。


送り主は、、、なんと・・・


9歳の俺です。


小学校時代の先生から実家に手紙が届いたということで、親から連絡がありました。

中身は、
20年前に先生が書いた1通の手紙。
そして俺が20年前に書いた1通の手紙。

意味が分かりますか?

どうやら俺は、9歳の時に
「20年後のおまえへ」
と題して、29歳になる俺に手紙を書いていたということで。

全く、書いた記憶がない。
早速、親に頼んでこっちに送ってもらった。

中身を見る前に思ったこと。
「素敵な先生に巡りあえたな」

そういった企画をするのはできるやろう。
しかし、この時期まで(本当に29歳を迎えるほぼ直前)、きちんと保管していてそして送ってくれる。担任だった狩家先生が受けもった生徒って俺らの世代だけやない。30年働けば、30クラスを受け持つ。一クラス40人だったから、30年もやれば1200人の手紙を持つということになる(毎年、同じことをやってたら)。

俺なんて狩家先生がどんな先生だったかもあまり覚えていない。

狩家、、、かりや、、、かりや。。。
そう言われれば、、、なんとなく覚えてる・・・。

「いかりや先生」って遊び半分であだ名をつけて呼んでたと思う。
確か若い女性教師だったと思う。。。


今日は、先生からの手紙を掲載しましょう。


29歳を迎えるダメぽ君へ

お元気ですか?覚えていますか?ダメぽ君の3年生時代の担任の狩家です。
突然のお手紙に、さぞ困惑してることでしょうね。20年も経てば、書いたことすら忘れてしまってるものです。

今日もダメぽ君に振り回されましたよ。
お友達が、髪の毛を刈り上げしてきたことをずっと笑ってましたね。
授業中もずっと笑ってましたね。そして先生に、いっぱい怒られましたね。
「もう二度とやりません。ごめんなさい」
先生は、ダメぽ君のこの言葉を何十回も聞きました。何十回も聞かされるけど直らない子が9歳のダメぽ君です。

20年後のダメぽ君は、どんな人生を送っていますか?
結婚したのかな?仕事で活躍してるかな?それとも両方とも充実しているのかな?
もしかしたら、子供さんがいるかもしれないね。どんな教育をしてるのかな?

9歳のダメぽ君。
理科の自由研究は素晴らしいです。人を笑わせるのは1番です。学級委員長も立派に務めてます。
そして何よりあなたは、負けず嫌いです。運動会の徒競走で2番になった時に大粒の涙をこぼしていましたね。

20年経ってもそれがあなたです。あなたの良さを生かしてください。
あなたのパワーでたくさんの人を笑顔にしてください。あなたのリーダー力でたくさんの人をまとめてください。そしていつまでも負けず嫌いでいてください。仕事でも勉強でも1番を目指してください。

いつでも先生は応援してます。
あなたの担任の先生になれたこと。それは先生の人生の宝物です。

1988年10月27日 狩家○△




なんかジーンときた。
てか、俺・・・w

刈り上げ笑ってたんかいなw
たぶん間違いないわ。そんな子だったと思う。

俺の小さい頃ってどんなだったやろう・・・
大人になってからいつも思ってた。なんかそれがこんな形で分かるとは思ってもみなかった。

>>理科の自由研究は素晴らしいです。
うん、大学は化学・物理専攻で今はそっち系の仕事をしてます。

>>人を笑わせるのは1番です。
笑わせるのが得意とかはないけど、たしかに今でも「お笑い番組」は大好きです。

>>学級委員長も立派に務めてます。
これは意外。こんなこと大っ嫌いなはずなのに。立候補したんかな?

>>そして何よりあなたは、負けず嫌いです。
先生、今でも負けず嫌いですよ。ご安心下さいw


そして俺は、先生に手紙を書いた。


29歳を迎える前のダメぽから狩家先生へ

先生、お元気ですか?
突然のお便りにびっくりしました。書いた記憶が全くない。
それと同時に狩家先生の素晴らしさを感じました。
今、僕は29歳前。先生は40歳を越えていますか?
勿論、まだまだ現役バリバリでやってくれてますよね?

先に正直に申します。先生のこと、はっきり言ってほとんど覚えていません。
「いかりや先生」と呼んでた先生がいたことはぼんやり覚えているのですが(笑)

しかし、今はっきりと思ったんです。
狩家先生のような先生から教育を受けてた9歳のダメぽ少年はさぞかし幸せだっただろうなと。
先生のこと、記憶にほとんどなかったのですが、自分の人生で一番の先生だと感じました。

(中略)・・・自分の現状を書いた

この20年間、山あり谷あり。
不器用ながらも一喜一憂しながら全力で生きてます。学生時代に沢山の仲間に出会えたこと。勉強なんかよりもこれが何より財産であり、これこそが一生ものです。

どうやら先生には負けを認めざるを得ません。
20年経過して、人にこれほどまでに強烈なインパクトを与えること。当時の狩家先生より今の僕の方が年上でしょうが、全く思い浮かびませんし思い浮かんでも実行できないと思います。

あなたが担任の先生であったこと。それは僕の人生の『誇り』です。

2008年6月29日 ダメぽ



ふふw
なんか照れくさいね。

気が向いたら、9歳の頃の俺が、俺に送った手紙も公開しますねw
しかしひどい文章だったw
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

久しぶりに感動しました・・・・
先生のお手紙の途中、管理人さんらしくてちょっと笑いましたけど(笑)
【2008/07/01 18:36】 URL | Rouis #- [ 編集]


Rouisさん

お久しぶりです。
・・・てか、私が更新してないから、ここで接する皆さんにお久しぶりってなっちゃいますねw
それなのにコメントありがとうございます。

>>久しぶりに感動しました・・・・
私も感動しました。やっぱりこういう先生が、いつの時代にも必要なんでしょうね。

>>先生のお手紙の途中、管理人さんらしくてちょっと笑いましたけど(笑)
落ち着きのなかった子だったってことは、未だに言われます。今でも落ち着きがないと思いますwやっぱり「三つ子の魂100まで」って本当なんでしょうね。
【2008/07/02 01:57】 URL | 管理人 #GpT49UKE [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://emocchi.blog60.fc2.com/tb.php/416-5edace78

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。